堅実女子ニュース&まとめ 【派遣女子・どうして更新されないの?】20代で寿退社。モラハラ夫と離婚しバツイチだけど、派遣先ではヒミツ~その1~

パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり、派遣先に就業に行く契約となり派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「派遣社員を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている片倉千鶴さん(仮名・29歳)にお話を伺いました。千鶴さんは、少しパサついているショートカットの髪型に、普段からほとんどメイクをしていないため、眉毛しか描いていない素顔をマスクで隠していました。モヘア素材のゆったりめのセーターに、ユニクロで買ったと言うチェック柄のパンツを合わせていました。彼女のファッションは、職場帰りというよりは近所のスーパーに行くような印象を受けました。ノーブランドの茶色の合皮バッグには、コンビニのビニール袋の中に食べかけの菓子パンが突っ込まれていました。

「実はバツイチなんですよ」という彼女。埼玉にほど近い東京にある実家で、母親と暮らしています。母との関係が悪化すると”再婚したい”と考えるとか。

派遣会社から、“スキルアップのためのパソコン研修を受けたら”と言われた千鶴さん。 “仕事で新しいことを覚えたくない”という彼女に、どうして派遣で働いているのか聞いてみました。

「うちは母子家庭なのですが、姉と私の2人姉妹で。家に女しかいないような家庭で育ちましたね。姉も結婚が早くて、子供が2人いるのですがどっちも女の子で、女系家族ですね」

部活動もせずに、バイトに明け暮れた学生時代。

「高校は、都立なんですよ。校則も緩かったので、コンビニとかでバイトをしていましたね。勉強はあまりしなかったのですが、短大の推薦なら取れそうと言われて」

母だけではなく、姉からの支援もあり進学を決めます。

「姉と6つ年が離れているので、結構可愛がられて育ったんですよ。姉が美容の専門学校を出た後に美容師として働いていたのもあって、私は短大に進学させてもらいました」

見た目は地味な印象の千鶴さん。学生時代も派手に遊んでいたような雰囲気はありません。しかし、勉強は辛かったとか。

「ビジネス系の学科だったのですが、特に資格も取れなかったんですよ。簿記とか会計士とかも親に取るように勧められたのですが、過去問を見ただけで“あっ、無理だな”って思って。暗記が苦手なんですよ」

短大生活では、高校時代よりも勉強をしなければならなかったと言います。

「実はちゃんと授業に出席していたのに、単位を落としてしまった科目もあって。短大は2年で62単位取得しなければならないので、忙しかったですね」

親の期待がプレッシャーとなった就活…

1 2