堅実女子ニュース&まとめ スコセッシ監督渾身の1本! 信じるって何だ? 映画『沈黙ーサイレンス』

1月21日から、映画『沈黙ーサイレンスー』が公開となります。監督は『タクシー・ドライバー』、『ディパーテッド』、『ギャング・オブ・ニューヨーク』などの大作を手がけた、巨匠マーティン・スコセッシ。

バイオレンス色の強いギャング映画を手がけることで有名なスコセッシ監督が、今回選んだのは日本へ渡った司祭と、隠れキリシタンについて描いた、遠藤周作原作の『沈黙』です。

28年かけてついに完成した渾身の1本

『沈黙-サイレンス-』 原作:遠藤周作「沈黙」 監督:マーティン・スコセッシ 出演:アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライバー、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシ   (c) 2016 FM Films, <!--  -- srcset=

LLC. All Rights Reserved.” width=”212″ height=”300″ /> 『沈黙-サイレンス-』 監督:マーティン・スコセッシ 出演:アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライバー、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシ  (c) 2016 FM Films, LLC.  All Rights Reserved.

公開に先立ち、監督のマーティン・スコセッシ監督が来日しました。今回は会見インタビューを交えながら、本作の見どころを紹介します。

スコセッシ監督が原作と出会ったのは1988年、『ギャング・オブ・ニューヨーク』を撮影した後、運命的な出会いから、遠藤周作の『沈黙』を読んだのだそう。

IMG_0217

マーティン・スコセッシ監督。

当時、監督は信仰について疑問を抱き、信仰する力について悩んでいたのだとか。そこで手にした「沈黙」を読み、自分が求めていたテーマの最重要部分はこの本にあると実感。そこから映画化へ向けて動き出したそうです。

途中、さまざまな問題が発生し、映画化が危ぶまれた時期もありましたが、28年をかけてついに完成。この映画は、スコセッシ監督が信じる力について追い求めて作り上げた渾身の1本なのです。

1 2 3