堅実女子ニュース&まとめ 【派遣女子・どうして更新されないの?】空気が読めない上から目線女子。冷えた便座に不満タラタラ~その1~

パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり、派遣先に就業に行く契約となり派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「派遣社員を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている松野美穂さん(仮名・28歳)にお話を伺いました。美穂さんは、ロングヘアを後ろにお団子にまとめた髪型に、アイラインなどを入れないマスカラと眉毛だけのナチュラルメイク、爪も短く切ってあり清潔感のある外見。防寒性の高そうな紺色のボアパーカに、スウェット素材の黒スカート、ボアパーカの上にはアウトドアブランドのアークテリクスのマウンテンパーカ、リュックもアークテリクスのもので、街中には不似合いな雰囲気の大き目リュックに荷物がパンパンに入っていました。

「特に山登りが趣味っていう訳ではないんですよ。たまに高尾山に行くくらいで。アウトドアの服って、普段着ててもおかしくないし丈夫じゃないですか。(見た目ではなく)素材で勝負っていうか。派遣とかでも、髪を巻いてバナナクリップで留めてる子とか見ると、“バカじゃない”って思いますね」

時おり会話に関西弁が混じる彼女。兵庫県神戸市の出身で、上京して今年で6年目。 “30代になるまでには幸せになりたい”という彼女に、どうして派遣で働いているのか聞いてみました。

「職場の人から、“もっと物を考えて喋って”って言われるんですよね」

現在はNPO関連団体の事務として働いている美穂さん。女性が多い部署なので、ランチも連れだって行くことが多い。

「もうすぐバレンタインじゃないですが。それでお返しの話題になって。“マカロンがいいよね”って言う人がいたので、“えー、私、マカロンは甘いから嫌いなんです”って言ったらシーンってなっちゃって」

実家は祖父、父と2代に渡り医者の家系。祖父はスポーツドクターの活動もしていたので、身近でプロのスポーツ選手と接する機会もあったと言います。

「親の影響で、野球やアメフトとかも見ていましたね。子供の頃は私も医者にって親は思ったみたいですけど、早い時期に勉強ができないのがわかって。エスカレーター式で大学まで行ける中学校に入学しました」

医者の娘として、常に周りを意識して良い子であろうとしていたという美穂さん。しかし、そのストレスから高校になると地元を出るのを意識し始めます。

「学生の頃から周りから浮いていましたね。親がとにかく厳しくて、わりと保守的な女子校に通っていたんですよ。結構、早い時期から“東京に行く”って言っていたので、目立っていたと言うか」

努力が嫌いな性格のため、勉強しないで受かる大学へ進学し、コネで就職

1 2