堅実女子ニュース&まとめ 【派遣女子・どうして更新されないの?】勘違いの高学歴女子。派遣先の格下の女性上司にムカつく日々~その1~

パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり、派遣先に就業に行く契約となり派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「派遣社員を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている川本敦子さん(仮名・26歳)にお話を伺いました。敦子さんは、緩く巻かれた茶髪のロングヘアに、マスカラがたっぷりと塗られたアイメイク、グロッシーな質感の口元がややメイクが濃い印象を受けました。指先には、ジェルネイルが施され、ゴールドのカルティエの指輪をしていました。今年の流行りだと言うバケツ型のバッグには持ち手の部分にスカーフが巻かれ、V開きのセーターを太目のサッシュベルトで締めた着こなしは、ファッション雑誌のようです。

「今、ちょっとレスしてるんで待ってくださいね」

お話をお聞きしている最中にも、何度もスマホの画面を覗き込んでいる敦子さん。スマホ向けのフリマアプリにハマっているそう。

「流行りものが好きっていうか。すぐに買っちゃうんですよね。それで飽きたら売りに出してるんです」

派遣以外にはオークションやフリマサイトなどを利用し、不用品を処分し小遣い稼ぎをしていると言います。“実は勤務中も気になって見ちゃうんですよね”という彼女に、どうして派遣で働いているのか聞いてみました。

東京へのアクセスも良い関東の都市で育った敦子さん。実家は整体院を営業しています。

「父親が整体師で、母も治療院を手伝っていました。家と治療院は別の場所だったのですが、知り合いの家にも父が出向いていたので、周り近所から自分も顔を知られているような環境でしたね」

実家が自営だったため、贅沢とはほど遠い生活をしていました。

「今にして思えば、そんなに切り詰めなくてもって。子供の頃とか着ていた服って、全部古着でお下がりだったり。写真とか見ても同じ服ばかり着て写っていて。私の髪型も、”美容院はもったいない”って母が言って、中学くらいまで母が家で切ったり」

今、一番関心があるのは“ファッション”や“コスメ”だと言います。

「子供の頃におしゃれできなかった反動なのか、流行りの服とかすぐ買ってしまいますね。父も母も地元しか知らないから、ファッションとかに興味がないんですよ。父なんて、白衣を着てしまえばわからないと言って、年中同じような服で。それが嫌でしたね」

高卒だった両親は、彼女が幼い頃から“手に職をつけなさい”が口癖だったそう。

「要領がいいと言うか。効率よく勉強する方法がわかっていたので、そこそこの県立に進学できたんですよ。親が“私大だったら六大学以外は学費を払わない”と言っていたので、なんとか頑張って〇〇(大学名)に合格して」

新卒で入社した会社で待っていたのは上司のセクハラだった!

1 2