【派遣女子・どうして更新されないの?】勘違いの高学歴女子。派遣先の格下の女性上司にムカつく日々~その2~

【派遣女子・どうして更新されないの?】勘違いの高学歴女子。派遣先の格下の女性上司にムカつく日々~その2~

かつては、自分の時間が欲しい、自由な時間を謳歌したいと言う女性たちに支持された派遣と言う働き方。今回は、都内で派遣社員をしている川本敦子さん(仮名・26歳)にお話を伺いました。

東京にもアクセスが良い関東の都市で育った敦子さん。有名大学へ進学した彼女に、整骨院を営んでいた両親は公務員になるように言ってきます。しかし、窮屈な地元を出たかったため、大手企業への就職を決め実家を出ます。

新卒で入社した企業をセクハラで退社した後は、失業保険の受給を受けながら公務員試験の勉強をしていました。

「勉強って言っても、形だけなんですけどね。無職の時に、家賃の支払いだけは親がしてくれていたので、親の建前で職員試験も受けました。まあ、落ちちゃったんですが」

正社員での就職を諦め、去年から派遣で働いています。

「親への借金が増えていきそうだったので、派遣で働き始めました。就活も続けていましたが、新卒みたいなモチベーションが保てなくて」

現在、敦子さんはwebコンテンツのディレクターや編集を担当しています。

「未経験の業界だったんですが、仕事を探すときに“クリエイティブ”で選んで。“キャリアアップにつながるお仕事です”っていう文字があったので、“派遣でもキャリアになるんだ”って知って」

しかし、派遣先の人間関係で悩んでいると言います。

「去年から派遣されているチームが、女性の上司と契約社員の男性と、私ともう1人の派遣女性の4人の部署で。もうこの上司が凄く嫌な女なんですよ」

前職が年配の男性が多い職場だったので、同年代が活躍している新興の企業を選んだと言います。

「中途半端にアットホームな部署で、社員が誕生日だとケーキで祝う習慣があって。わざわざ電気消して、ろうそくまでつけるんですよ。初めて見た時、バカじゃないかって思って。コピーの裏紙の上にケーキを置いて配るから汚いし、新卒の子から“派遣さんは1人200円でいいよ”って言われて、“えっ! お金取るの”ってびっくりして」

自分の能力が高いと思っている敦子さんにとって、派遣先の女性上司の行動が気になるようです。

「この上司の女が30過ぎて凄くわざとらしそうに“いやだー、(誕生日って)知ってたの?”って言いながらろうそくを消していて。全然、仕事しないでいつも契約の男性社員と喋っていて。ファッションセンスとか、ダサいくせに靴だけいつもルブタンとか高いの履いてるんですよ」

女性上司のブログを発見し、隠れて読む日々…

1 2
派遣女子 美人探偵 アラフォー 派遣 浮気事件簿 アラサー 占い デート レシピ 婚活 時短 結婚 仕事 iPhone アプリ ダイエット 貧困女子 CITRUS 恋愛 金運
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!