【派遣女子・どうして更新されないの?】不倫がきっかけで退社。派遣仲間を誘い、節約のため相席居酒屋で飲み食い。~その1~

【派遣女子・どうして更新されないの?】不倫がきっかけで退社。派遣仲間を誘い、節約のため相席居酒屋で飲み食い。~その1~

パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり、派遣先に就業に行く契約となり派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「派遣社員を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている駒崎さつきさん(仮名・28歳)にお話を伺いました。さつきさんは艶のある黒のストレートロングに、マスカラで目元を強調したメイク。白いカットソーにひざ丈のシフォンスカートを合わせ、足元はバレエシューズを履いていました。ラシットの大き目のトートバッグには、ブックオフで買ったと言う数年前のベストセラーの本が入っていました。

「仕事も遊びに行くときも、このバッグ1つなんですよ。だからちょっといいものを選びました」

一見、手入れが行き届いているように見えるロングヘアですが、美容院に行くのは年に2回ほどだそう。

「実は1500円でカットできるところで切っているんです」

“貧困女子ではなく、節約が好きなんです”というさつきさん。収入を増やさずに、消費を抑える生活をしています。そんな彼女に、どうして派遣で働いているのか聞いてみました。

実家は、東京都下の団地暮らしだったそう。

「父が車の販売店の営業で、母は子供向けの教材販売や音楽教室の手伝いをしていました。私は3姉妹の末っ子だったので、結構放任気味でしたね」

中高と地元の学校に進学し、大学時代も実家で過ごします。

「すぐ上の姉は結構、勉強ができたんですよ。看護短大に通っていたので、高校出たらすぐ家を出ていっちゃっていて。一番上の姉がくせ者で。国立大学に進学したのに、引きこもりみたいになっちゃって。結局5年通って中退しているんです。そういうのを見ていたら、あまり家にいたくないなって思って」

大学生活は、サークル活動とバイトに明け暮れたそうです。

「大学では、広告研究会に入部しました。マスコミに行きたかったら、そこがいいって聞いて。将来的には映画の宣伝の仕事とかしたかったので、プラスになるかなって思って」

広告研究会への入部が、さつきさんの生活を一変させました。

「実は大学が夜学(夜間の時間帯に授業を行なう学部)だったので、昼間は働いていたんですよ。サークル自体のツテで、在学中はバイトには困らなかったんです。当時、先輩が起業したPR会社に出入りしていたので、大型イベントの運営とか、子供向けの教育関連のイベントを手伝ったりしていました」

バイトから、そのままずるずると社員へ……

1 2
恋愛講座 結婚 占い 金運 婚活 運勢 仕事運 貧困女子 セカンド キャリア その1 アラフォー 恋愛運 浮気 不倫 浮気事件簿 美人探偵 恋愛 アプリ アラサー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。