堅実女子ニュース&まとめ 【派遣女子・どうして更新されないの?】不倫がきっかけで退社。派遣仲間を誘い、節約のため相席居酒屋で飲み食い。~その2~

かつては、自分の時間が欲しい、自由な時間を謳歌したいと言う女性たちに支持された派遣と言う働き方。今回は、都内で派遣社員をしている駒崎さつきさん(仮名・28歳)にお話を伺いました。

東京都下の団地で、車の販売店の営業だった父と、パートで働いていた母の元、3姉妹の末っ子として育てられたさつきさん。中高と地元で過ごし、大学時代は夜学に通いながら、昼間はバイトやサークル活動に精を出します。サークルの先輩が起業したPR会社への就職を決めた彼女。上司との不倫関係が始まります。

就職して1年が過ぎた頃、会社に異変が起きます。

「だんだん事業が怪しいなって思ってきたんですよね。セクシー系の女優さんを撮影するイベントとか、地下アイドルの誕生日会のプロデュースとか。やりたい事と違ってきてしまって」

職場で彼の家庭の話を聞くのが辛かったのもあり、退社を決意したそう。

「でも彼と会える時にはいつでも会えるように、時間の融通が利く仕事に変わろうと思ったんですよ」

既婚者である彼と付き合っている間の就活の条件は、“勤務地”優先だったそう。

「仕事を探すときも、希望勤務地のところを、彼の職場の近くや、住んでいる家の駅で探しました。オフィス街ではなかったので、仕事がなかなか見つからなかったのですが……。最終的には正社員を諦めて、パートやバイトという職種で探していましたね」

結局、介護老人福祉施設の事務として働き始めます。

「周りには“介護の仕事がしたかった”と言っていましたが、夕方には退社ができて彼の職場の方の駅に出やすい場所だったので、時給が安かったのですが即決しましたね」

新たな就職先である老人ホームは、色々と勝手が違って戸惑ったそう。

「かなりアナログな部署で、書類が全部手書きなんですよ。パソコンは必要ないって言われて。出勤簿も、自分の名字の判子を用意して毎日押す形で。最初の頃、適当に押していたら、判子の名前が逆さまに押してあるって注意されました」

閑職ともいえる業務内容に耐えかね、仕事をさぼり始めたと言います。

「暖房も入らないような古い建物の部屋で、帳簿の転記や片づけの作業を任されたんですよ。電気代がもったいないから日差しが入る時間に全部やるように言われて。誰も見ていないし、凄く暇だったので裏の扉から出て、外でスマホから彼にメールして時間をつぶしていました」

結局、職場の風潮に合わず退社を選びます。

「結局、10日ほどで辞めちゃいましたね。定期代とか払い戻せなくて、無駄になっちゃいました」

派遣社員になってから、相席居酒屋にハマり始める…。

1 2