堅実女子ニュース&まとめ パリピの知名度は●%! ハロウィンが定着した日本で今後、「イースター」も盛り上がる?

「ハロウィン」や「恵方巻」のように、近年「なんだか知らないけれど気が付いたら定着している」という季節イベントがけっこうあります。イベント定着を強烈にアシストするのは、みんなで集まり盛り上がるのが大好きな〝パーティピーポー〟の人々。特にハロウィンは今や、海外の観光客まで魅了するほど大規模な〝パリピの祭典〟にまで発展しています。

 

「イースター」を知っているパーティ好きの日本人は46%!

main

殻をカラフルに装飾したイースターの「ゆで卵」。最近では「チョコエッグ」で代用されることも増えているとか。

そんなパリピの方たちが現在「ポスト・ハロウィン」として注目しているのが「イースター」。十字架にはりつけられたイエス・キリストが復活した日を祝うお祭りですが、正直日本ではあまり馴染みがありません。

実は「日本ホームパーティー協会」が「18歳以上のホームパーティーに関心のある男女」を対象とした調査によると、「イースター(復活祭)を知っていますか?」という問いに「知っている」と答えた人は、46%だったそう。また「近年の日本でも定着しつつあるイースターホームパーティーに参加したことありますか?」という問いには「参加したことがないので、参加してみたい」という人が48%で最多だでした。まだ認知度としては十分とはいえないですが、じわじわ知名度が上がっていることが分かります。

 

日本人がイースターに一番食べたいのはゆで卵ではなくキッシュ!

イースターといえば「卵」を生命のシンボルとして関連づけられていることはよく知られています。外側の殻をカラフルに装飾した「ゆで卵」でお祝いするのが定番ですが、最近では他の卵料理を食べることも多いようです。同調査ではイースターに「どんな卵料理が食べたいですか?」という問いで1位になったのは「キッシュ」で62%。続いて「プリン」(48%)、「オムレツ」(40%)、「ココット」(31%)、「玉子サンド」(30%)という結果でした。一方「ゆで卵」は20%と少数。日本人にゆで卵は不人気のようです。

sub2

見た目がケーキのような華やかさがある「キッシュ」は、パーティーに向いていると考える人が多いのかもしえません。

 

1 2