堅実女子ニュース&まとめ 【東京深夜0時、結婚しない女】お金はあるけど、孤独……コンサルティング会社勤務・響(37歳)~その1~

東京に生きる、結婚しない女性のストーリー。今回の主人公は、コンサルティング会社で働く、響(37歳)。

☆☆☆

深夜0時の六本木一丁目。すっかり煮詰まったコーヒーが入った紙コップを片手にした町山響は、ガラス張りの高層オフィスから向かいのオフィスビルを見下ろした。すると、青白い光の中、多くのスーツ姿の人々が、餌をつつく養鶏場の鶏のようにキーボードを打っていた。

外資系の企業が集まるオフィスビルが林立しているこの街は、昼夜を問わず、ビルのどのフロアも人が働いている。幾重にもかけられた複雑なセキュリティー、専用のIDとパスワードがないと、外にさえ出られない。

内側からいつでも開くとはいえ、特殊なパスワードを入力しないと開かない扉の部屋で働かされるとは、強制労働者と同じだと響は思う。しかし、誰もがブラック企業だとは言わない。なぜなら給料が高いからだ。37歳の響の年収は、同世代の日本企業に勤める男たちの約3倍だ。

ここ数年、朝の7時から深夜0時までオフィスにいて、土日、ゆっくり休んだのは記憶にないくらい昔のことだ。昔、誰かが人間は習慣の奴隷と言ったが、まさに響がそれだ。隣のオフィスをもう一度見ると、再びデスクに戻り、パソコンに向かった。

響の仕事は、倒産しかけた大手企業を買収した投資会社から依頼され、経営再生のためのコンサルティングを行なうことだ。倒産しかけているが知名度がある会社が抱える問題を発見し、対策案を立てる。それを実行させて結果を出させる。その運用までが責任の範囲内なので、緻密な分析力が求められる。

ここ数か月間、響は投資会社に買収されたアパレル会社の業績を再生させるためのプランを担当している。世界中からデータを集め、何本もの仮説を立てていたが、相手は全く納得しない。響が100%だと思っても、相手は120%を要求する。その繰り返しももう限界だった。

自慢の娘であることが、アイデンティティー

1 2