【セカンド女子】彼と一緒にいてドキドキしないなんて恋愛じゃない!恋愛モード優先女~その2~

【セカンド女子】彼と一緒にいてドキドキしないなんて恋愛じゃない!恋愛モード優先女~その2~

彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちに迫る今企画。そのセカンド体質の原因を探ります。

今回お話を伺ったのは、大阪で歯科助手のアルバイトをしている熊谷早紀さん(仮名・35歳)。黒髪のワンレンボブヘアに、黒目がちなパッチリ二重の美人な女性です。出身は岡山県で、両親と5歳上と3歳上の兄との5人家族。厳しい父、穏やかな母と、妹に甘々な2人の兄たちの中で、友達にも恵まれ健やかに育ちます。初彼ができたのは、中学2年生の時で、当時からかわいかった早紀さんは臆することなく自分からアピールしたそうです。そして彼とは高校の間も付き合いが続き、一緒に関西の大学、短大へ進学。初めてなかなか会えない時期を過ごしますが、彼への愛情は家族愛のようなものに変化しており、寂しさを感じることはなかったとのこと。そしてたまたま始めたアルバイト先で出会った2歳年上の男性との恋愛が始まってしまい、彼との別れを決意します。

「地元からの彼とは、すんなりとは別れられませんでした。『別れない』とずっと言われていたので、何度も何度も話し合い、もう気持ちがないことを伝えたり、時には『二度と触れられたくない』といったようなひどい言葉も使ってしまっていたと思います。別れてくれた時にはもう二度と友達にも戻れないところまでいっていましたね。そして、バイト先の彼と付き合うことになりました。元彼への罪悪感もありしばらくは1人でいるべきかと思ったんですが、別れるまで数か月待たせていたこともあり、新しい彼と一緒にいたくて仕方なくて……。付き合いはバイト先の人たちには内緒でした。それには理由があって、実は私と仲が良かった女の子も彼のことが好きだったんです。その子から打ち明けられたわけでなかったんですが、なんとなくそんな気がしていたんです。なので、バイト先では普通で、2人になった途端にイチャイチャしていました」

新しい彼とは、前彼のように穏やかな付き合いとはいかなかったそうです。

新しい彼はダメンズだった……!?

1 2
婚活 派遣女子 CITRUS ダイエット 貧困女子 時短 アラサー 恋愛講座 金運 レシピ アプリ 派遣 結婚 浮気事件簿 占い iPhone 恋愛 仕事 アラフォー 美人探偵
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!