堅実女子ニュース&まとめ 親孝行できている人は約2割!最大の理由は「何をしたらいいのか分からない」

「孝行のしたい時分に親はなし」という言葉もありますが、親孝行はしたいと思ってもなかなか実行できないもの。近年は大人になっても一緒に買い物に行ったりする仲のいい“友達親子”も増えているといいますが、皆さん普段からどのくらい親孝行をしているのでしょうか?

親孝行できている人はたった2割、約8割は「したいと思っている」

「フェリシモ」が全国の20代から50代の女性に行なった調査「親孝行&母の日について」によると、普段親孝行をできていると自覚している女性は21%だそう。一番多い意見は「あまりできていない」(34%)で、さらに「どちらともいえない」(31%)が続きます。

sub1

最近の高齢者世代はやたら元気な人が多いので、つい労わる気持ちを忘れがちに!?

そして「もっと親孝行をしたいと思っていますか?」という質問には「かなり思っている」「まあまあ思っている」が合わせて84%。「あまり思わない」「まったく思わない」は計6%しかいません。つまりほとんどの女性が親孝行についてあまりできていないことを自覚しつつ、もっと親孝行をしたいと考えていることが分かります。

自分が親になっても分からない「親孝行って何するの」?

なぜしたいと思っているにもかかわらず、親孝行ができないのか?同調査では40歳以上と以下でそれぞれ「親孝行できていない理由」を尋ねていますが、40歳以下で一番多かったのは「具体的に何をしたらいいのか分からない」(45%)でした。20歳から40歳以下の女性だと、そこそこ自分自身が“親”となっている人は多いと思います。自分が実際に親になっている確率がさらに高いであろう、40歳以上でも同様。35%の人がやはり「具体的に何をしたらいいのか分からない」と答えているのです。

sub2

20歳から40歳だと、学生、社会人、既婚者、育児中などさまざまな立場の女性がいそうですが……。

 

1 2