婚活疲れ女子を胸キュンで癒す!話題沸騰の純愛マンガ『スローモーションをもう一度』、作者は’80年代生まれの’80年代マニア

婚活疲れ女子を胸キュンで癒す!話題沸騰の純愛マンガ『スローモーションをもう一度』、作者は’80年代生まれの’80年代マニア

日々、仕事に恋愛に婚活に…と無駄なく賢くがんばる堅実女子のみなさん。なかなか成果が出ないときには、焦りと疲れで追い詰められたような気持ちになりますよね。 

そんなときにこそ読みたい、今どき珍しいくらい、甘酸っぱくてもどかしい純愛マンガが今、話題なんです。有名漫画レビューサイトでは「今季、最高作品」と評されているその作品は、週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の『スローモーションをもう一度』。

IMG_0609

80年代が随所に盛り込まれている。

IMG_0613

キュンキュンくるシーンに萌えます。

主人公は、クラスの人気者だけど、実は今どきのカルチャーになじめず、こっそり家で’80年代の音楽や雑誌を楽しむのが好きな高校生・大滝くん。クラスのみんなとはうまくつきあいつつも、’80年代が好きと知られたらバカにされそうで、本当の自分は出さずに毎日をやりすごしています。

そんな大滝くんがふとしたきっかけで、クラスの地味な女の子・薬師丸さんも’80年代カルチャーオタクであることを発見。誰も言えなかった趣味を共有できる仲間ができた喜びから始まり、次第に恋愛感情が芽生え、ふたりの仲は急速に近づく……のが今どきのマンガでは多い展開ですが、この作品では近づかない! なかなか近づかない! まさにその恋愛は「スローモーション」。このじれったさが、マンガ好きの心をわしづかみ。

さらに話ごとのタイトルは「セーラー服を脱がさないで」「飾りじゃないのよ涙は」など、’80年代の曲名がつけられ、’80年代を意識した作画、漫画内にちりばめられた’80年代を象徴する小物たち……。その時代に青春を送った40代はもちろんのこと、’80年代ブームで興味を持った’80年代生まれの人たちにまで刺さりまくりの作品です。

驚いたことに、このマンガの作者、加納梨衣さんも’80年代生まれの女性。働き女子のみなさんとまさに同世代の加納さんはいったいどんな人? そしてどういう経緯でこの話題作を描くことになったのか、お話を伺ってきました!

1 2 3
その1 婚活 恋愛講座 恋愛運 時短 アラサー 美人探偵 占い 不倫 アラフォー 運勢 アプリ キャリア セカンド 金運 結婚 浮気 恋愛 浮気事件簿 貧困女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。