デートドクターが伝授!「タラレバ言ってないで行動あるのみ!こうすれば2回目以降もデートに誘われる!」

デートドクターが伝授!「タラレバ言ってないで行動あるのみ!こうすれば2回目以降もデートに誘われる!」

ふと気が付けば、周りには同じ独女ばかり。若い頃はそれなりにちやほやされたのに、男性から、いつの間にかちょっと引かれている気がするのはなぜ?なんてことになりがちなアラサー女子たち。できれば、気になる男性には、積極的に落としにきてもらいたいですよね。

そこで3回目となる今回も、デートドクター・藤田サトシさんが登場。落としやすいだけじゃない。2回目以降に続く本命の女性になるためのコツを教えてもらいました。1回目2回目の記事はこちら。

 2回目以降のデートにつなげるために

頑張ってデートしても、1回で終了ということも少なくありません。2回目以降も関係を続けるためには、相手を心地よくすることが大切です。

「そもそも相手に好意を示さない限り、相手もあなたに好意を示す訳ないって。でも事務職のOLさんの特徴として、よいしょが得意じゃない人が多いんだよね。相手に合わせたうなずきができないという人が、意外と多いんだよ」

お相手に心地よく過ごしてもらうためにも、いいタイミングでちょっとオーバー目に「物知りですね」「面白いですね」とうなずくといいそうです。ちなみに早すぎるうなずきはNG。相手に不快感を与えてしまうので、間には注意しましょう。

「あと笑顔も大切。目線を合わせて、うなずいてあげるだけで印象アップにつながるんだな」

基本的に次会いたいと思ったら、男性はその場で約束を取り付けるそう。2回目につなげるためにも「また会いたい」と伝えると良いとのこと。あわせてボディータッチも効果的なのだとか!

「極力さりげなく、肩をふれるなどボディータッチをすることも効果があるね。体の距離感は心の距離感と言われているので。ただ、相手が嫌がったらそこまで。仕方ないとあきらめること。これ鉄則」

 相手のテンションにあわせる

メールやLINEのやり取りでも、2回目に続けるためのコツはあるのでしょうか。

「愛情が深い女性に対して、同じくらい愛情を求める男性がカップルになれば、バランスが取れてうまくいくよね。でも、愛情深い女性と淡白な男性では、愛情の比重が合わず、男性から見たら『重い女』になってしまう。このように、互いに同じ温度感を持っていることもうまくいくための重要なポイント」

相手と同じ温度感を持つためにも、自分から相手に合わせることが大事。では、メールやLINEではどのように相手に合わせればいいのでしょうか。

「例えば、長文のメールには長文で、短文のメールには短文で返すというように相手に合わせること。熱いメールには、同じように熱いメールを返せばいいの」

1 2
CITRUS 婚活 時短 アラサー アプリ 派遣女子 恋愛 占い 派遣 ダイエット 貧困女子 結婚 iPhone 浮気事件簿 レシピ アラフォー 仕事 デート 美人探偵 金運
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!