堅実女子ニュース&まとめ コミュ力低下はかなり深刻!なぜ日本人の6割以上は「たくさんの人と付き合いたくない」のか?

「最近の若者は人とコミュニケーションをとるのが苦手」という声をよく耳にします。確かに若い世代はSNSにどっぷりつかった世代であり、コミュニケーションツールといえばLINEやメールが主流。直接電話をすることも躊躇する人も、案外多いのではないでしょうか?

同じ意見じゃなきゃ嫌!?「違う意見の人と話すのが楽しい」はわずか17.2%

「株式会社ジェーディーエス」は今年2月に、13歳から74歳という幅広い世代の男女を対象に「人との付き合い方に関する意識調査」を実施しています。こちらによると人付き合いについて「できるだけたくさんの人と付き合いたい」とポジティブな気持ちを持っている人は全体の28.9%。逆に「あまりたくさんの人と付き合いたいと思わない」という人は、62.5%という結果となっています。若者どころか幅広い年代でも約6割以上が、幅広い人付き合いを否定的に考えているのです。

LL_img_127041_1

「自分のプロフィールや考えを積極的に伝えたい」人は18.4%というデータもあります。

なぜ日本人はそこまで人付き合いに苦手意識があるのでしょうか?気になるのは同調査で「同じ意見の人と話しをするのが楽しい」と答えている人が75.3%いることです。逆に「違う意見の人と話すのが楽しい」と答えた人は、たったの17.2%しかいません。つまり根底にあるのは「同じ意見の人と話したい」という気持ちで、無意識に他の意見を排除しているのではないでしょうか?これが一昔前に流行った「KY」。いわゆる空気を読まない人は嫌われるという風潮につながっている気がします。あまりたくさんの人と付き合いたいと思わない人が多いのは、自分の意見と違う人と付き合うリスクを避けたいのかもしれません。

1 2