【セカンド女子】心から信頼した彼はロリコン癖。気づかないまま費やした10代からの7年間~その2~

【セカンド女子】心から信頼した彼はロリコン癖。気づかないまま費やした10代からの7年間~その2~

彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちに迫る今企画。そのセカンド体質の原因を探ります。

今回お話を伺ったのは、神戸で美容師をしている老田愛華さん(仮名・35歳)。真っすぐに胸まで伸びた茶髪のロングヘアに、幅広な二重に大きくまん丸な瞳と少しぽっちゃりとした体形から親しみやすそうな印象を受ける女性です。出身は滋賀県で、両親との3歳上の姉との4人家族。中高ともに姉と同じ学校に進み、美容師という道を志した理由も姉。美容の専門学校に進学した時には姉はすでに大阪の美容院で働いており、下宿先に押しかけて2人暮らしが始まります。高校時代からチヤホヤされているモテ人生は専門学校に進学後も継続しており、学校にはモテるカッコいい彼氏、バイト先には自分を特別扱いしてくれる7歳年上の社員さんがいました。彼氏にバレないよう、社員さんにはいい顔をしていた愛華さんですが、その存在が彼氏にバレてしまい、学校生活の地位はなくなってしまいます……。

「アルバイト先のみんなで飲みに行った帰りに、社員の彼と2人きりになり酔いをさますためにお茶をしていたんです。その時に彼氏から電話があって、彼の友達が私と男が2人で寄り添ってお店にいると聞いたそうです。確かに酔っ払ったフリをしてボディータッチをしていたので、言い訳もできずで……。みんなと飲みに行った帰りだということも、信じてもらえませんでした。次の週からは最悪でした。彼は学校でモテていたので、女子は彼の言うことを信じて、みんなから無視されたりしました。私もかわいくない女子を下に見たりしていたので、それが態度に出ていたのか、味方になってくれる友達もいなかったんです。その後の1年間弱ぐらいの学校生活は、必死で通いました。美容師になりたかったんで、中退するわけにはいかなかったんです。学校は居づらくなりましたが、バイト先では友達もいたので、かろうじてくじけることはなかったです」

そんな時も社員の彼は優しく話を聞いてくれたそうです。

優しく受け入れてくれる彼に告白したものの……衝撃の真実が!!

1 2
金運 時短 恋愛 ダイエット レシピ 結婚 貧困女子 派遣女子 iPhone 恋愛講座 アラサー アラフォー 占い CITRUS 浮気事件簿 婚活 美人探偵 仕事 アプリ 派遣
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!