堅実女子ニュース&まとめ ど派手なSF映画だと思ったら大間違い!新たな境地を開拓した、映画『メッセージ』の魅力

ある日、突然巨大な宇宙船がが目の前に現れたら、あなたはどうする?逃げる?それとも近づく?
それとも何もしない?

人類と宇宙人を描いた映画は数多くあれど、今回紹介する『メッセージ』は、今までとはちょっとテイストの違う作品。なにがどう違うのか分析してみましょう!

いまだかつて無い、静かなるSF映画

まずはストーリーの紹介から。
突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズは、“彼ら”が人類に“何”を伝えようとしているのかを探っていく。
その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは。

監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ 脚本: エリック・ハイセラー 原作: テッド・チャン 出演: エイミー・アダムス / ジェレミー・レナー / フォレスト・ウィテカー 全国でロードショー中

監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ 脚本: エリック・ハイセラー 原作: テッド・チャン 出演: エイミー・アダムス / ジェレミー・レナー / フォレスト・ウィテカー  5月19日より全国ロードショー中 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

突然現れる巨大な宇宙船を目の前に、人類はパニックを起こして逃げ惑います。はい、ここまではよくある設定ですね。強奪や交通事故など、過去のSF映画やゾンビ映画で見てきたシーンが繰り広げられます。

そんな騒動を尻目に、主人公の言語学者のルイーズは冷静沈着。当たり前のように勤め先の大学にも出勤するし、母親の電話にも大丈夫だからと落ち着いた様子。そんな彼女に米軍は、宇宙人とのコンタクトを依頼します。

巨大な宇宙船、米菓の「ばかうけ」に似ている!とネットで話題になってますね。

宇宙船の形が米菓の「ばかうけ」に似ている!とネットで話題になってますが、全長450メートルという巨大さは見ていて圧巻。

SF映画に欠かせないのが宇宙人の存在ですが、『E.T.』のようにフレンドリーなものもいれば、『エイリアン』のような凶暴な奴もいますよね。果たして『メッセージ』の宇宙人は良い奴なのか、悪い奴なのか。

とにもかくにも、彼らとコンタクトをとらないと何も判断できません。ということで、米軍とルイーズ、数学者のイアンは宇宙船に向かいます。

今までのSF映画の場合、宇宙船に立ち向かうのは軍の精鋭たちで、勇気を奮い立たせるような音楽が流れ、戦闘機に乗り込む……というシーンが多かったですよね。

ところがどっこい、『メッセージ』は違います。
聞こえてくるのは、緊張感を煽る旋律と、ルイーズの息づかい。宇宙船の中も至ってシンプルで、白と黒の世界。
今までの宇宙船ってLED並みにキラキラ輝いていましたが、その眩しさはこの映画にはありません。

この静けさと色の少なさがかえって、見ている側のドキドキハラハラ感を高めるんですね。静寂は映画を盛り上げるエッセンス。ど派手な宇宙映画を期待している人には、ちょっと肩すかしかもしれませんが、静寂を打ち出した『メッセージ』はSFの新たな境地を見せてくれたのではないでしょうか。

1 2 3