【貧困女子】男女平等オゴりNG!貢ぎ体質の根性女が転落した残飯まみれの生活~その1~

【貧困女子】男女平等オゴりNG!貢ぎ体質の根性女が転落した残飯まみれの生活~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回お話を伺ったのは、現在、アルバイトをしている松本貴美子さん(仮名・40歳)。手取りの月収は17万円で、東京都墨田区にあるシェアハウスに住んでいます。

貴美子さんは地味なキャリア女性というタイプ。黒のツイード素材のジャケットにぴちぴちタイトスカート。スカートのシルエットは、台形で10年前に流行したひざ上丈です。インナーには白の化繊のボウタイブラウスを合わせています。体型が太めなので、“昭和末期のPTAの保護者”という印象のファッションです。

アラフォーという年齢からでしょうか、頬と鼻の上のポツポツした毛穴の黒ずみや、そばかすが目立ちます。ボサボサの地眉からはみ出るように眉毛を描いているので、ミスマッチな印象を感じる人が多いかもしれません。脂ぎった髪の毛には、白髪が目立ち始めていて、全体的に清潔感からほど遠い。まずは、貴美子さんのキャリアから伺いました。

「第一希望の大学に入れなかったことが、私の転落の始まりです。高校まではホントに優等生だったんですよ。私は茨城県出身なんですが、名門と言われる公立高校に入って、勉強しまくって、ほぼ最高の内申点をマーク。でも、第一希望の大学の推薦入試に落ちてしまった。それで、ある名門大学に一般入試で入りました。でも市ヶ谷にあるその大学は、私に合わなかった。ろくに勉強もせずに、お情けで卒業。超氷河期の就活もだらだら過ごしてしまって……」

最初に就職したのは、不動産関連会社だったといいます。この時に、女は若くてかわいくなければ存在価値はなく、世の中はお金だ、と思ったとか。

男子はうつに追い込まれるほどのブラック企業だった……

1 2
アプリ 占い 恋愛講座 恋愛 美人探偵 結婚 恋愛運 セカンド 婚活 時短 貧困女子 アラサー 浮気事件簿 金運 アラフォー 運勢 iPhone 不倫 その1 浮気
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。