堅実女子ニュース&まとめ 「市民のプライド・ランキング」にみる地元愛調査 自分の住む街がとにかく大好きで仕方がない! 地元愛が強すぎる都市は、圧倒的に●●市!

なぜ?自分の街に一番愛着と誇りが持てないのは相模原市民

一方で気になるのはランキング下位の都市。こちらも同じような都市で固定されている傾向があるのでしょうか?まずは住んでいる街に対する「愛着」と「誇り」それぞれで「感じていますか?」という質問において、下位だったワースト5都市をみてみましょう。

 

  • 愛着

21位 相模原市……14.5点

20位 さいたま市……16.5点

18位 堺市……17.5点

18位 千葉市……17.5点

17位 岡山市……19.0点

 

  • 誇り

21位 相模原市……-18.5点

20位 岡山市……-10.0点

18位 千葉市……-9.5点

18位 さいたま市……-9.5点

17位 堺市……-8.5点

 

やはり上位同様、下位も同じ都市で固定されています。また「現在お住まいの都市について、友人・知人に勧められますか?」という質問では、この5都市に加え「新潟市」「買い物・遊びなどで訪れること」「働くこと」「いろいろな人交流を深めること」「趣味は教養を深めること」で21位、つまりワースト1位を獲得。自分の住む都市にコンプレックスを持っていると、その都市への愛着や誇りが育まれにくいようです。

関東のベッドタウンで観光名所が少ない千葉市、さいたま市、相模原市は、ある程度この結果は理解できるかもしれません。一方岡山城や後楽園がある岡山市はなぜこれほどまで地元の愛着が低いのでしょうか……。

 

人にオススメはしないが、地元に深い愛情を持つ北九州市民

ただこれまでのランキングの中で1都市だけ特筆すべき傾向があるのは、愛着がある都市で5位にランクインした「北九州市」ではないでしょうか?これだけ地元民に愛されている都市ですが、実は「誇り」部門では11位。さらに「現在お住まいの都市について、友人・知人に勧められますか?」という質問では、「全体的によいまちである」「住むこと」が16位、「買い物・遊びなどで訪れること」「働くこと」が14位など、軒並み評価が下位なのです。自分の住む街を人に勧められるわけでもなく、誇りがあるわけでもない。でも愛情は強いというのが北九州市民の特徴といえそう。そんな北九州市と同じ県内にある福岡市は日本で一番「自分の街大好き」というのも、面白い関係です。

 

【調査概要】
調査媒体:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
対象都市:政令指定都市および東京都区部の計21団体
調査数:各都市200サンプル
調査期間2017年2月24日から28日

1 2