【恋愛講座】2回目のデートへと繋がる「彼とのバイバイ」ポイント4つ

【恋愛講座】2回目のデートへと繋がる「彼とのバイバイ」ポイント4つ

1日楽しかったからこそ、最後は離れるのがつらい。

ときどき駅の改札で「いつまで振っているの?」とこちらが突っ込みたくなるほど、彼との別れを惜しんでいる女性がいますが、別れ際はあっさりしていたほうが2回目と繋がる可能性が高くなるかもしれません。

そこで今回は、初デートにおける「彼とのバイバイ」ポイント4つ をご紹介いたします。

初回のデートで「帰りたくない」は禁止!

いくら両想いとはいえ、初デートから「帰りたくない」と甘えるのは禁止です。

実際、翌日にお互い仕事であれば、帰りたくないといっても帰るしかないのです。お互いのことをあまり知らないまま、どちらかの部屋そのまま直行するのは、ちょっといただけないような。

日曜日の夜になると、駅の改札の柱でいつまでも、手と手を取り合い、別れを惜しんでいるカップルがいますが、少しは「周囲の目」を気にするべきでしょう。いつまでも甘えていると、彼は案外、冷たい目であなたを見ているかもしれません。2回目のデートに繋げたいなら、あっさり解散しましょう。

 

寂しそうな表情は浮かべてOK

とはいえ、本当に相手のことが好きだからこそ、最初のうちはデートを解散したら、そのまま2人の関係も終わってしまうのではないかと不安になるでしょう。しかも、お付き合いする前で、彼が自分と同じ気持ちなのかどうか分からないこそ、軽々しく「寂しいね」なんて言えません。しかし、寂しそうな表情を浮かべないと逆に「俺だけ?寂しいのは?」と彼が不安がってしまいます。

きちんと1日楽しめたからこそ、不安になっている気持ちを無理やり隠さず、さりげなく笑いながらも「なんだか寂しいね」と一言伝えましょう。たったその一言で、彼はあなたを彼女にすることを決意するはずです。

1 2
アラサー 恋愛講座 セカンド 金運 婚活 不倫 運勢 アラフォー 美人探偵 貧困女子 アプリ 恋愛 占い 結婚 浮気事件簿 恋愛運 時短 浮気 iPhone その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。