のどの痛みによる「夏かぜ」は、冬のかぜより長引きやすいってホント!?

のどの痛みによる「夏かぜ」は、冬のかぜより長引きやすいってホント!?

体調を崩す「かぜ」のシーズンといえば、寒くて乾燥しやすい秋から冬がピークというイメージです。実際冬シーズンに猛威を振るう「インフルエンザ」は、空気の乾燥によって気道粘膜の防御機能が低下することも、感染の原因と言われています(※)。そう考えると、湿度の高い夏シーズンは、かぜなどのウイルスに感染する可能性が低いような気がします。

※厚生労働省「インフルエンザQ&A」より

 

夏特有!かぜの初期症状「のどの痛み」を感じた経験がある人は94%!

確かにこのシーズン、インフルエンザが流行することはまずありません。しかし実際のところ、湿度が高い夏でも“夏かぜ”をひいたことがある人は多いのではないでしょうか?

女性にとってはエアコンがききすぎる夏のオフィスも、体調を崩す一因です

「大鵬薬品工業株式会社」がビジネスパーソンを対象に行なった調査によると、夏場に「のどの痛み」を感じたことがある人は94%。さらにこじらせて「夏かぜ」をひいたという人は73%もいるそうです。夏のかぜは初期症状として「のどの痛み」が出てくるのが特徴。それは高温多湿でも猛威をふるうようです。

夏にのどが痛くなるのはてっきり「エアコンによる乾燥」かと思っている人も多いかもしれませんが、そうとも限らないようです

なぜ、夏のかぜは乾燥していないのに感染力が低下しないのでしょうか?大鵬薬品工業の調査レポートによると「夏のかぜ」は、コクサッキーウイルスやエコーウイルス、アデノウイルスなど高温多湿を好むウイルスが原因となることが多いといいます。これらのウイルスにより「のどの腫れ」「強い発熱」が起こり、症状はその後、鼻やのどから気管支へ進行するのだそう。

一方「冬のかぜ」は、ライノウイルス、コロナウイルス、RSウイルスなど低温乾燥を好むウイルスが原因となることが多いといいます。これらのウイルスは、「寒気」「ふるえ」「節々の痛み」「首筋のこわばり」などの症状が特徴だそうです。つまり夏と冬のかぜは、まったく種類が違うといえます。

1 2
恋愛 時短 婚活 キャリア 結婚 貧困女子 アラサー 占い 浮気 浮気事件簿 アラフォー 美人探偵 不倫 恋愛運 その1 運勢 金運 セカンド 恋愛講座 アプリ
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。