堅実女子ニュース&まとめ 女性の7割が賛成!「男性専用車両」、導入したほうがいい?

最近、「男性専用車両」の導入希望の声がニュースで取り上げられたり、「痴漢冤罪保険」が誕生したりと、通勤・通学電車を取り巻く環境に、少しずつ変化が。株式会社マクロミルは、通勤・通学電車内での過ごし方に関するアンケートを実施。「男性専用車両」の導入・利用意向や「痴漢冤罪保険」の認知率についても聞いています。
調査は6月13~14日、1都3県在住で電車通勤・通学をしている15~59歳の男女500人を対象にインターネットで行なわれました。

「男性専用車両」、みんなはどう考えている?

通勤・通学で電車を利用する女性に、「男性専用車両」導入への意向を聞いたところ、「絶対に導入すべきだ」(13.6%)、「導入した方が良い」(60.3%)で、導入賛成派は74%という結果に。

「男性専用車両」の導入について、女性の意向 ベース:女性 / n=242

「男性専用車両」の導入について、女性の意向 ベース:女性 / n=242

男性も「絶対に導入すべきだ」(14.3%)、「導入した方が良い」(50.8%)で、「男性専用車両」の導入賛成派が6割以上となり、実際に導入された場合の利用意向についても、59%が「利用したい」と回答しています。

「男性専用車両」の導入について、男性の意向 ベース:男性 / n=258

「男性専用車両」の導入について、男性の意向 ベース:男性 / n=258

導入賛成の理由については、男性からは「痴漢と間違われたくない」「いつ冤罪のターゲットにされてもおかしくない」「女性ばかり優遇するのは不公平」、女性からも「男性車両を選択することもありだと思う」「トラブルが原因で電車が止まるのは迷惑だから、防ぐことができるならやってもらいたい」「痴漢の冤罪防止につながる」などの回答が。また、「女性専用車両があるのに、男性専用車両がないのは不平等」といった声も。
実際に「女性専用車両」を利用している人(「積極的に利用している」「たまに利用している」の合計)は36%でした。

「痴漢冤罪保険」の認知については、48%が「知っている」と回答。入会意向に関しては、男性の0.4%が「すでに入会している」と答えています。また、男性46%、女性22%が「入会を検討したい」と回答しました。

1 2