堅実女子ニュース&まとめ 夏越ごはんで運気アップ!?赤坂氷川神社で茅の輪くぐりを体験してきた!

6月の晦日(30日)に、全国の神社で行なわれる夏越の祓(なごしのはらえ)。この半年間で溜まってしまった罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する行事です。

神職の方々の後ろに続いて大きな茅の輪をくぐり、下半期の幸せを願います。

いきなり個人的な話で恐縮なんですが、記者本当にお金がありません。今年3月から仕事量は増えたのに収入が減り、生活は苦しくなるばかり。そのストレスで酒の量が増えさらに家計を圧迫するという悪循環に陥っています。

そういうわけでして、夏越の祓でどうにかして下半期の運気を上げたい。なんなら金運だけでもいいそんな切実願いを抱え、赤坂の氷川神社にやってまいりました。

なんと、赤坂氷川神社では、夏越の祓にちなんだ「夏越ごはん」を200食限定で無料配布してくれるのだとか。運気アップしてくれる上に、ご飯まで食べさせてくれるなんて、さすが神様太っ腹です。

この日は、財布の中に34円しかなかったので(本当)、夕飯代が浮いて助かりました。
さっそく、夏越の祓いを体験してみましょう。

茅の輪をくぐって、今年の穢れとおさらば

17太鼓が鳴り響き、ご祈祷が始まりました。すでに境内は溢れんばかりの人だかりです。年配の方ばかりなのかと思いきや、若い女性が多いみなさん、朱印ガールでしょうか。ちなみに、神社によっては、夏越の祓限定の御朱印もあるようです。

厳粛な雰囲気の中、神職さんが大祓詞を読み上げます。それに対し、他の神職さんたちが「オ〜」と合いの手(称唯)を入れるコール&レスポンスあり。

ご祈祷が終わるといよいよ「茅の輪くぐり」が始まります。

茅の輪くぐりとは、茅(ちがや)という植物でできた大きな輪を、左回り右回り左回りに3回くぐり抜ける神事のこと。

この茅の輪、もともとはスサノノミコトが、宿を貸してくれた民将来(そみんしょうらい)という男に「茅で作った輪を腰に着けておくと、いいことあるよと教えたのがきっかけと言われています。茅の輪のおかげで、悪疫が流行った時も、蘇民将来家族健康に過ごすことができたそうです

この半年間で全身にこびりついた穢れを落としてきます!

神職さんたちに続、参拝客もぐるりと大きな円を描くように茅の輪をくぐります。この日の参拝客は200名以上。全員がくぐり終わるまでに30分かかりましかし、なんてったって、ここはパワースポット。ゆっくり歩きながら御神木のいちょうの木を眺めたり、他の参拝客の方と世間話したり癒しの時間を過ごすことができました。たぶんマイナスイオンまくってるので、疲れてる方にこそ是非おすすめしたいです

茅の輪くぐりで身も心も清めたら、次は夏越ごはん。腹ごしらえて下半期に備えなくては

1 2