堅実女子の富士登山、何を着ればいいの?BE-PAL編集部が伝授!! 必要なアイテムはコレだ!

堅実女子の富士登山、何を着ればいいの?BE-PAL編集部が伝授!! 必要なアイテムはコレだ!

一生に一度くらいは富士山に登ってみたい!でも、何を準備すればいいのかわからない……そんな堅実女子にアウトドア誌『BE-PAL』編集部から、マストアイテムなど耳より情報を教えてもらいました!
富士登山基礎知識編はコチラ

☆☆☆

夏とはいえ、標高が3000m以上もある富士山は、最低平均気温が5度!雨が降ったり、風が吹けば体感温度はもっと下がります。日没後は急激に気温が下がるので、ウェアのレイヤリングが大事。麓が暑いからといって、油断は禁物です!また、天候が急変するのも山では当たり前のこと。レインウェア、防寒具は忘れずに持っていきましょう。

基本装備編

・バックパック

30リットルが目安。

山小屋1泊なら、容量30Lのバックパックがちょうどいいサイズ。購入するときには、バックパックの背面と自分の背中のサイズが合っているかをチェックしましょう。

モンベル/チャチャパック30
https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1123956

 カリマー/リッジ30
http://www.karrimor.jp/products/detail.php?product_id=450

・トップス(ファーストレイヤー)

ファーストレイヤーは吸湿速乾の素材を。

標高が高い富士山では、半袖よりも長袖がベター。日焼け防止にもなります。汗をたっぷりかいても肌に張り付かず、乾きが速いものを選びましょう。この上に半袖のトップスを重ね着して、調節しても。

ザ・ノース・フェイス/ロングスリーブドライクルー
http://goldwinwebstore.jp/ec/pro/disp/2/NUW11521

アイスブレーカー/スピア ロングスリーブ フェミニンhttps://goldwinwebstore.jp/ec/pro/disp/8/ITW11670/FH/M/

・アンダーウェア

汗をかくのでスポーツタイプがおすすめ。

肌に直接触れる下着も速乾性が大事。防臭機能が備わっているものならば、着替えがしにくい山でも気になりません。

モンベル/ジオライン メッシュ スポーツブラ
https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1107631

モンベル/ジオライン クールメッシュショーツローライズ
https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1107619

・トップス(セカンドレイヤー)

薄手のフリースやウィンドブレーカーなどをチョイス。

 

薄手の防寒着は行動中にも着られて重宝します。

ザ・ノース・フェイス/スワロウテイルフーディ
http://goldwinwebstore.jp/ec/pro/disp/2/NPW21620

パタゴニア/ウィメンズ・フーディニ・ジャケット
http://www.patagonia.jp/ws-houdinir-jacket/24146.html?dwvar_24146_color=ELWB&cgid=womens-jackets-vests#start=1

・ソックス

登山用の厚手のものを選ぼう。

クッション性がある登山用がおすすめ。長い行程をサポートしてくれます。濡れても冷たくなりにくいウールや速乾素材のものに。

スマートウール/ハイライトクルーソックス
http://www.smartwool.com/shop/women-new-socks/womens-hike-light-crew-socks-sw0sw293?variationId=821

・トレッキングシューズ

ミドル丈に砂利除けのゲ―タ―を合わせると○。

初心者は、足首を固定し、サポートしてくれるミドル丈がおすすめ。登山ショップに行くと、試し履きをさせてもらえるので、ホールド感や歩きやすさをしっかりチェックして、自分の足と合うものを選びましょう。デザインだけで選ぶと、痛い目に合う可能性が!砂利が入らないように、ゲ―タ―も準備しましょう。

KEEN/ターギー イーエックスピー ミッドウォータープルーフ
http://global.keenfootwear.com/ja-jp/product/shoes/women/targhee-exp-mid-waterproof

キャラバン/C4_03
http://www.caravan-web.com/caravan/caravan_shoes/c4_03.html

・ゲ―タ―

富士山は下山時に砂利が気になります。

レインウェアと靴の隙間から水が入ってくるのを防ぐアイテムです。砂なども侵入させないので、足元を気にせず歩けます。

 ・レインウェア

レインウェアは必ず上下で。

傘をさしながら、登山をするなんていうのは言語道断。必ずレインウェアを着用しましょう。天気がいいと思っていても、急に雨が降り出したり、霜がおりて濡れることも。肌寒くなったときには防寒着にもなるので、必ず持っていくこと。

ザ・ノース・フェイス/レインテックスエアロ
http://goldwinwebstore.jp/ec/pro/disp/2/NPW11520

コロンビア/シンプソンサンクチュアリーウィメンズレインスー
http://www.columbiasports.co.jp/items/PL0125/

・防寒着

山頂の寒さもこれで防ぐ!

ご来光を待つ間は、冬と同じぐらい寒い。中綿入りのジャケットやフリースは必携です。薄手の手袋、ネックウォーマーなどがあると、さらに安心!

パタゴニア/ウェイメンズ・ナノ・パフ・ジャケット
http://www.patagonia.jp/ws-nano-puff-jacket/84217.html?dwvar_84217_color=SMDB&cgid=womens-jackets-vests#tile-20=&start=1&sz=36

モンベル/スペリオダウン ラウンドネックジャケット
http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1101504 

・帽子

寒さ対策にビーニー、暑さと雨対策にハットがあると便利。

頭があたたかいと体感温度はグッと上がります。ビーニーをかぶるだけでも保温力はアップ。レインウェアのフードでも雨対策には十分ですが、レインハットは視界がよくなり、周りの音も聞こえやすくしてくれます。

1 2
恋愛運 セカンド 恋愛講座 派遣 アプリ 運勢 婚活 時短 アラフォー 浮気 結婚 恋愛 美人探偵 浮気事件簿 アラサー 金運 不倫 iPhone 占い 貧困女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。