堅実女子ニュース&まとめ えーとアレアレ、何だっけ!? 20代でも起こる「物忘れ」、その内容は?

簡単な漢字やよく知っているはずの芸能人の名前など、「わかっているはずなのに思い出せない」なんてこと、ありますよね?そんな“物忘れ”は主に歳を重ねていくと起こる現象という印象がありますが、実際はけっこう若くても「アレなんだっけ?」は起こるようです。しかし若い人の場合は「え?もう物忘れ?ヤバくない?」なんて思うかもしれませんが、実際のところ、皆さんのどくらい物忘れをしているのでしょうか?

 

20代でも69.5%は「アレなんだっけ?」が起こる!

総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティングでは、全国の20歳~79歳の男女を対象に「記憶力に関する調査」を実施しています。そちらによると、物忘れをして「アレアレ、アレ何だっけ?」「あの人誰だっけ?」といったセリフを「しょっちゅうある」「よくある」「時々ある」と答えた人は合計77.1%だそう。また今回の調査で一番若い世代の20代でも69.5%が該当しています。やはり、20代でも皆さんかなり「アレアレ……」を口にしていたのです。

高齢の人だけではなく、若い世代もけっこう物忘れをしていることが分かります。

上のデータをみると、30代で物忘れをして言うのは69.5%。この数字は20代とまったく一緒です。そして40代になると77.5%と数字は若干増えて、60代になると84.0%と8割を超えます。確かに年代とともに割合は増えているのは間違いないですが、グラフをみると驚くべきことに、20代も70代もそこまで物忘れの割合に大きな違いはないのです。

1 2 3