堅実女子ニュース&まとめ トム様のコミカル演技が見もの!映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』

毎日暑いですねぇ〜。冷房の効いた映画館は、常夏のパラダイス!
ということで、今回はトム・クルーズのあっつ〜いアクションが楽しめる映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』を紹介します。

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』 監督:アレックス・カーツマン、 出演:トム・クルーズ、アナベル・ウォーリス、 ソフィア・ブテラ、ジェニー・ハルジー、 ジェイク・ジョンソン、ラッセル・クロウほか。© Universal Pictures 7月28日(金)TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー

 

ストーリー:米軍関係者のニック(トム・クルーズ)と考古学者のジェニー(アナベル・ウォーリス)は、地下空洞に隠された巨大な棺を発見。棺をイギリスへ輸送し、調査を進めようとするが、飛行機は墜落。
墜落事故で即死したはずのニックは、なぜか無傷で復活。棺には5000年前のエジプトでファラオに裏切られ、復讐のために悪の化身となった王女アマネットが封印されていた。
王女はニックを操り、永い眠りから目覚めようとしていた……。

考古学者のジェニーを演じるアナベル・ウォーリス。 イギリスの女優さんです。©Universal Picture

という本作。一体どこが見どころなのでしょうか。分析してみましょう!

小ずるい盗人トム様が意外と新鮮!

お宝頂戴しようぜ!と敵地に乗り込むトム様。 ©Universal Picture

トム・クルーズが砂漠に……というと『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』のドバイタワーのシーンを思い出しますが、今回のトム様が演じるニックは、古代エジプトの宝を盗もうとする小ずるい男。

考古学をテーマした映画といえば、『インディ・ジョーンズ』や『ハムナプトラ』シリーズが有名ですが、どのシリーズも主人公がコミカルでしたよね。
本作も同じく、今回のトム様は笑える演技を披露してくれます。

敵に囲まれて絶体絶命なのに、全くのノーアイデアだったり、ボスに怒られた時は、考古学者のジェニーを楯にして逃げようとするし。まぁ、やることが小ずるくて浅はかなんですよ。

「この棺も高く売れそうだな。あれ、何か俺、幻覚が見えるぞ」とたじろぐニック。©Universal Picture 

いつも誰かを助けてきたトム様が、今回はチャラい男を演じている。
そこに違和感を感じるファンもいるでしょうが、まぁ、ここはトム様のがんばりを称えましょう。

1 2 3