水槽全面がまるでアート!えのすいの「ナイトワンダーアクアリウム」は最強のデートスポット!

水槽全面がまるでアート!えのすいの「ナイトワンダーアクアリウム」は最強のデートスポット!

すっかり陽が落ちるのも遅くなり、夏本番ともいえる日々が続いていますね。明るい時間が長い夏限定のイベントと言えば、色々なアミューズメント施設が通常の営業時間よりも遅い時間まで営業する「ナイト営業」。

遊園地や美術館などでも取り入れられていますが、なかでもデートにぴったりと言えるスポットが夜の水族館を楽しめるイベント「ナイトアクアリウム」。昼間に見る生き物と違い、いつもより照明を落としたアクアリウムで見る海洋生物たちはどれも神秘的!

今回は、夜間営業を開催するようになって4年目となる新江ノ島水族館のナイトアクアリウムを、一足早く体験しに行ってきました! 7月15日から開催される今回のイベントのテーマは、「ナイトワンダーアクアリウム2017~満点の星降る水族館~」。水族館全体が、趣向を凝らしたコンテンツになっています。

潮風が強いので、仕事帰りの荷物や髪の乱れにはご注意!

新江ノ島水族館で一番大きな「相模湾大水槽」は、壁全面を使った水槽。8000匹とも言われるマイワシの群れから、大きな姿を見せて水槽内を泳いでいるホシエイ。相模湾の生態系が目の前に広がる大水槽は、自分が海の中に潜ってしまったような錯覚に陥りそう。

映像が投影されていない状態でも、星屑のような照明が照らされて素敵!

17時から20時までの間、随時上映される映像コンテンツ「海という名の宇宙、宇宙という名のいのち」は、「相模湾大水槽」で泳ぐ魚がそのまま壁に投影される映像とシンクロして、見たことがないような不思議な空間が目の前に繰り広げられます。

えのすいの人気キャラ?くらげも登場しますよ!

現代アートや、マスキングテープのようなポップな色調のアンモナイトやイカが壁に投影され、水槽で泳いでいる魚たちとコラボしていました。心地よい旋律の音楽に合わせた映像は、まるで映画館のスクリーン最前に立っているようなダイナミックな迫力がありました。5分ほどの映像なので、繰り返し見たくなってしまいそう!

まるでポップアートのような貝殻。

水槽とマッチングした、こんな柄のマスキングテープがあったら欲しい!

昼間の水族館とは違い、館内全体が薄暗いナイトアクアリムは、さりげなく気になる男性と接近できるスポット。暗くて段差や階段が見えにくいの……なんて言いながら、手を握ったりできるチャンスもあるかも!?

モヒート片手にイルカショーへ!

1 2
アラフォー レシピ 美人探偵 アラサー 派遣女子 恋愛 結婚 浮気事件簿 金運 iPhone アプリ 派遣 貧困女子 時短 CITRUS 占い 仕事 恋愛講座 ダイエット 婚活
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!