【セカンド女子】男性に求めるのは安らぎより刺激!優しい旦那と別れてまで欲しかったポジションは社長の愛人~その2~

【セカンド女子】男性に求めるのは安らぎより刺激!優しかった旦那と別れてまで欲しかったポジションは社長の愛人~その2~

彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちに迫る今企画。そのセカンド体質の原因を探ります。

今回お話を伺ったのは、都内で事務の仕事をしている小池佳代さん(仮名・35歳)。服装に派手さはないものの、全体的に色っぽい印象がある女性です。出身は埼玉県で、両親と佳代さんの3人家族。現在の父親とは血のつながりはなく、幼児期に両親は離婚、小学生の頃に今の義父と再婚したそうです。中学時代に彼氏ができ、高校まではそこまで好きじゃない人とも付き合ってはすぐ別れるような関係が続きます。高校卒業後は寮のある会社に就職するも長続きせずに、高時給にひかれ水商売を始めます。そこでお客さんとして出会った6歳上の男性と恋愛関係になり、結婚することになります。

「彼との結婚に向けて、まず仕事を辞めて一緒に暮らし始めました。そして、両親に挨拶に行ったんですが、私の仕事、出会った場所などは嘘をつきました。両親には、最初に就職したところを辞めたとは連絡していなかったんですよ。だから多少の罪悪感もありつつ、彼とも話を合わせてもらい、前の職場の友人の紹介で出会ったということになっています。その嘘もあって結婚式はできませんでした。だって、職場の関係者なんて誰も呼べませんから。

結婚生活の最初は家で家事をやって彼の帰りを待つ幸せな毎日だったんですが、彼の収入が思ったよりなくて、専業主婦は数か月で終わり、職を探すことになりました。でもコンビニなど色んなアルバイトをしても、全然続かなくて……。

そんな少ない収入しかなかった時期に、彼の借金が判明したんです!借金は200万ほどで、ギャンブルではなく、生活費をまかなうために少額ずつ借金をしていたものが積もった感じでした。彼の稼ぎが少なかったのは、借金の返済分を引かれた金額を渡されていたからだったんですよ……。結婚するときには内緒にされていたし、彼はわざわざ私に渡す用の明細を作っていたんですよ!これは離婚してもいい理由だと思いましたが、彼のことが好きだったので許してしまい、借金を完済するためにちゃんとした就職を探すことになりました」

家計を助けるための就職が、夫婦の絆を壊すことに……

1 2
婚活 派遣 美人探偵 浮気事件簿 派遣女子 恋愛 恋愛講座 結婚 アラサー レシピ ダイエット iPhone 貧困女子 仕事 CITRUS 占い アラフォー アプリ 金運 時短
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!