注目は「特別公開」!夏の京都はいろんな意味でねらい目だった!

注目は「特別公開」!夏の京都はいろんな意味でねらい目だった!

「そうだ 京都行こう。」~♪「My Favorite Things」のメロディーと共に、働き女子の旅心をくすぐる街・京都。ただいま、京都市と京都市観光協会は「京の夏の旅」キャンペーンを実施中です。第42回を迎える今年は、近代の名建築や眺望、庭園の美などをテーマに実施され、普段は非公開の建物や庭園などが、期間限定で特別公開されています!この文化財特別公開のほか、京の伝統産業や伝統文化に触れる体験型のイベントなども充実。京都の夏は暑いと言われていますが、その暑さもなんのその、京都を訪れたくなる魅力的な内容が目白押しなのです!その魅力について、今回ご紹介します。

「京の夏の旅」お品書き

・名建築/眺望……エキゾチックな壁画が美しい昭和初期の名建築「大雲院 祇園閣」

・名建築/眺望……アマチュア天文学の聖地「京都大学 花山天文台」

・体験………………燈明の灯りに照らされながらの夜坐体験「東福寺塔頭 勝林寺」

~番外編~

・襖絵/庭園………斬新な襖絵に室町時代の相阿弥の作と伝えられる名庭園「青蓮院門跡」

エキゾチックな昭和初期の名建築「大雲院 祇園閣」

まず最初に、普段は一般公開されていない「大雲院 祇園閣」。大雲院は戦国時代に本能寺で暗殺された、織田信長と信忠親子の菩提を弔うため天正15年(1587年)に建立された寺院です。その敷地内にある祇園閣は、国の登録有名文化財に指定されている昭和初期の名建築。祇園祭の鉾をモチーフにした形で高さは36m。屋根の鉾先には金色の鶴が羽ばたいています。

今年、生誕150年を迎える建築家、伊東忠太が設計した祇園閣。

中に入ると、外観からは想像できないほど、エキゾチックでモダンな内装。曼荼羅を思わせる色彩豊かな壁画や鬼を装飾した照明など、独特の世界観に圧倒されます。これは建築家、伊東忠太が和洋中の文化に精通していたから。そして最上階の閣上からは360度の眺望が楽しめます。なお、祇園閣内は一般撮影禁止なので、その見事な壁画はしっかりと目に焼き付けてくださいね。

階段を昇ると鮮やかな壁画が目に飛び込んでくる。正面は「釈迦説法図」。

階段の裏に描かれた「千手観音図」。

照明は鬼の装飾で西洋風のイメージ。

閣上からの景色。清水寺の五重塔や京都タワー、遠くは大阪のあべのハルカスまで一望できることも。(閣上は撮影禁止)

もともとこの祇園閣は明治・大正期の実業家、大倉喜八郎のもの。大倉喜八郎は帝国ホテルや大成建設、サッポロビールなど、多くの企業の設立に関わった人物で、昭和48年に大雲院が喜八郎の別荘地に移転し、今のような形になりました。祇園閣の裏には墓地があり、織田信長・信忠公の碑や石川五右衛門のお墓があります。そして宝物展示場には、大雲院を開山した貞安上人が信長公から拝領した「軍配団扇」など、貴重な品があるので、こちらもお見逃しなく!

織田信長・信忠公の碑。期間中のみ公開。

大雲院 祇園閣
住所:京都市東山区祇園町南側
期間:2017年9月30日(土)まで(9月26日は拝観休止)
時間:10:00~16:00(受付終了)
料金:大人600円・小学生300円
交通:市バス206系統「東山安井」下車、徒歩5分

1 2 3 4
時短 アラフォー 貧困女子 浮気事件簿 恋愛講座 不倫 恋愛 iPhone 派遣 セカンド 婚活 美人探偵 浮気 金運 恋愛運 アラサー 結婚 運勢 アプリ 占い
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。