堅実女子ニュース&まとめ 【東京深夜0時、結婚しない女】不倫体質の長女の呪いは解けるの?法律事務所で働くゆかり(35歳)~その1~

 東京に生きる、結婚しない女性のストーリー。今回の主人公は、法律事務所で働くゆかり(35歳)。

ふたりの寝息しか聞こえない部屋に、スマホが震える音が冷たく響いた。画面を見ると0:00の文字が並んでいる。ゆかりはそっと隣で寝息を立てている篤史の体を揺さぶり、起こした。

柴犬のような表情で「あ、もう時間か」と言い、ベッドから抜け出して服を着る。シャツもスーツも銀座の有名テーラーのネーム入りだ。かすかな衣擦れの音が続き、ベルトをしめる耳障りな音がしてから玄関に向かう。ダイニングキッチンのテーブルの上には、2枚の取り皿、2つのコップが置かれており、ここで数時間前に2名が食事をしていたという状況証拠になっていた。

手を繋いで高円寺駅まで歩き、改札に消える篤史の背中を見送った。スッと伸ばした背筋、43歳とは思えないほどの豊かな髪がホームに向かう階段を上り、視界から消えるまで見送っていた。篤史はこれから妻と娘が待つ国立の自宅に帰るのだ。

この2年間、毎週火曜日か金曜日に、篤史はゆかりのマンションに通うようになっていた。その日は、篤史の妻が娘たちを連れて、近所の実家に遊びに行く日だという。家庭のことはあまり話さないが、夫婦仲は円満のようだ。それでも男は妻とは違う女を求める。今、婚外恋愛を描いた『1122』というマンガがヒットしているという。ゆかりも読んだが、性というつながりが消えかかっていても、妻は絶対的な存在なのだと再認識し、軽く落ち込んだ。

それでもゆかりは、好きな男と一緒にいる時間を確保したいために、火曜・金曜は予定を入れず、彼の好物である和惣菜をテーブルに並べて待っていた。

名門同士、高年収同士……同類同士が結婚する、それが今の結婚の真実

1 2