【東京深夜0時、結婚しない女】不倫体質の長女の呪いは解けるの?法律事務所で働くゆかり(35歳)~その2~

【東京深夜0時、結婚しない女】不倫体質の長女の呪いは解けるの?法律事務所で働くゆかり(35歳)~その2~

東京に生きる、結婚しない女性のストーリー。今回の主人公は、法律事務所で働くゆかり(35歳)。長女気質で甘えることが苦手な彼女は25歳から10年間、複数の相手と不倫を繰り返している。

妻に交際がバレた事を伝えた後、男は手のひらを返したようにゆかりを遠ざけた。美しく気鋭の弁護士であり、娘を2人も生んでおり、さらに同類である妻と別れる気持ちなどそもそもなかったのだ。気持ちがおさまらないゆかりは、電話をかけて感情的に泣きわめいた。このときに初めて、怒りは外に発散させると、気持ちが収まることを体で感じながら、次は絶対に独身の男と付き合おうと決心した。

最初の恋人と別れた後、無数の男性とデートはしたが、付き合った男性7人はすべて既婚者だった。最初に経験豊富で経済的にも恵まれている年上の男と深い関係になってしまうと、同世代の男たちでは期待を満たせなくなり、会うほどにがっかりするようになる。加えて、自分のことで手一杯な若い男には、ゆかりの心の奥底にある誰かに甘えたいという気持ちに気が付かない。「美人だけどガードが固いよね」と、一蹴されるのが常だった。

ぐずぐずと既婚者と付き合ううちに、周囲の友人が結婚して、子供を産んでいった。不倫相手も含め、周囲の人々の結婚相手を観察していると、似たもの同士ばかりがくっついていた。元同僚の美奈子もそうだ。仕事がふんわりしていてミスを連発し、それをゆかりになすりつける美奈子は、事務所のクライアントと“授かり婚”をした。このときにゆかりは、妊娠した女は根拠のない自信を身にまとうのだと知った。どこかおどおどしていた美奈子は、子を産んでいない女性弁護士やゆかりに対して見下したような態度を取って、“寿退社”をしていった。

美奈子の相手は、整った顔と高収入、誰もが知る一流会社の名刺を持ち、シワひとつないスーツの下に卑怯さしかないような薄っぺらな男だった。周囲はシンデレラ婚などと言ったが、所詮、スペックしかないような男には、それに魅かれるだけの女が合うのだ。その後、DVやモラハラ問題が起こり、事務所の弁護士に相談に来たが、離婚相談とも幸せ自慢といえない内容で、そのうち誰も相手にしなくなった。

その一件からゆかりは、食べたいものを好きな時に食べ、時間がフルに使える楽な生活がちょうどいいと思うようになった。1人は淋しいけれど、誰かと結婚するより圧倒的に楽なのだ。

実家に帰って、可愛がっていた甥っ子から暴力的な言葉をぶつけられ……

1 2
アラサー 派遣女子 婚活 デート レシピ CITRUS 浮気事件簿 恋愛講座 恋愛 ダイエット 時短 美人探偵 派遣 結婚 アラフォー アプリ iPhone 占い 貧困女子 金運
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!