【セカンド女子】同棲しているのに、なんで!? プロポーズ保留が悔やまれる、彼の隠れネット婚活~その1~

【セカンド女子】同棲しているのに、なんで!? プロポーズ保留が悔やまれる、彼の隠れネット婚活~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいる。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の広告代理店でプランナーとして働いている本田亜矢さん(仮名・34歳)。肩までの黒髪に、細めのジーパンにTシャツとラフな格好ながら、大人の女性の魅力を感じます。ハキハキとした喋り方や、所作には丁寧さがあり、同性も憧れるようなしっかりとした女性といった雰囲気があります。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は愛知県で、両親と姉、兄、妹との6人家族です。父親はサラリーマン、母親は親戚の経営している飲食店を手伝っています。兄妹全員を大学まで行かせてくれたので、特に贅沢なことはしていませんが貧乏ではなかったと思います。ただただ、両親に感謝ですね。兄妹仲もいいです。妹とは2歳差で年も近いので今でもよく一緒に出掛けています。妹も東京にいるんですよ。兄と姉は結婚して愛知県に残っていますが、年に4回ぐらいは愛知に戻って、家族で過ごす時間を作っています」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校2年生の時です。同じ予備校に通っていた他校の男の子です。夏季講習などがある合間に一緒に遊ぶ機会が多くなり、『こんなに一緒にいるなら付き合っちゃう?』みたいな軽い感じで始まりました。最初は友達の延長といった感じで、全然カップルっぽくならず、そのまま3年に上がると受験で甘いムードも一切なくなりました。結局カップルっぽくなったのは、受験が終わってからですね。

彼は希望大学を私に合わせて一緒に合格できたので、付き合いは大学進学後も続きました。学部が違ったから、お互い別々の友達と行動することが多かったんですが、大学に通い始めて半年ぐらいでみんなが知る公認カップルみたいになっていました。私は年々彼のことが好きになっていたので、浮気防止のために公認は大いに役に立ったと思いますね」

順調に交際していた彼との間に予期せぬトラブルが発生!

1 2
アラフォー 時短 結婚 美人探偵 浮気事件簿 仕事 CITRUS 恋愛講座 金運 婚活 iPhone アプリ レシピ 貧困女子 ダイエット 恋愛 派遣女子 派遣 アラサー 占い
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!