堅実女子ニュース&まとめ 教えて、古田新太さん!Vol.2セカンド女子から抜け出せなくても諦めないで!?「飛び級(結婚)だってありうるよ」

アラサー&アラフォーに人気の俳優、古田新太さんが賢女の恋愛相談に答えるスペシャル企画、後半。何をやっても好きな人の本命になれない、セカンド女子へのアドバイスをいただきました!

【古田新太のアラサー恋愛相談】山なし谷ばっかりの婚活に疲れたアラサーへの古田さんのアドバイスはコチラ

☆☆☆

セカンド女子は一生ファーストにはなれない?

ーー前回、古田さんは「好きな人ができるまで、結婚のことは考えなくていいのでは」とおっしゃっていましたが、好きな人はいるけど、彼の本命になれなくて悩んでいる、いわゆる“セカンド女子”も多いんです。相手の男性に、一度セカンドに設定されてしまったら、一生、ファーストにはなれないものなんでしょうか?

「いや、そんなことはないと思うよ。飛び級だってありうる。本命?の彼女よりも、自分といたほうが居心地がいいって、彼に思わせればいいんじゃないかな」

ーーそれは、どうやればいいんでしょう?迷走して、結局都合のいい女になっちゃうセカンド女子が多いんです。

「うーん。おいらの場合だけど、嫁は、本当に気を遣わなくていいんだよね。人間ってさ、誰でも、人に対して、多少は気を遣うでしょ。心配したり、カッコつけたり。男の場合、生活大丈夫かなぁとか、一緒にいたらおごってあげないとなぁとか、そういうことも考えちゃうわけ。

父性っていうのかな、そういう目線で女性を見ていたりもして、ごはんちゃんと食べてるのか?食べに行くか?って、 誘ったりもするんだけど、そういう、気を揉むって状況って、けっこう気持ち的に負担だったりもするんだよね。
嫁の場合、むしろおいらが心配されるくらい。あんた、大丈夫なの?って(笑)。そこが居心地がいいのかなぁ。うん。自立してるって大事なことだと思うよ」

「しがみついてないで、次にいったほうがいい」タイミングはいつ?

ーー逆に、これだけはしちゃダメってことはありますか?

「あんまりないんだけど……(笑)。ああ、そういえば、昔20代の女の子に、私の家賃払ってよ、って言われたときにはびっくりしたかな。え、なんでおいらが!?って。そんな金ね~よ、とも思ったし、その態度がね、なんだよって思ったかな。

お姫様系っていうのかな。自分のために周りの人間はなんでもしてくれて当然っていう感覚、 そういう女性は、よくないね。男からおごってもらったりされ続けると、調子に乗っちゃうってことはあるのかもしれないけど、男からしてみたら、おごってあげたいからおごるだけで、おごってもらって当然、っていうのは違うんだよね。そこをはき違える人は、ダメかな。とりあえず、財布出すくらいはしろよって(笑)」

ーーなるほど。

「ただ、自分で、もうこの人とはダメかな~、セカンドから上がれないなぁって思ったときには、別れたほうがいいよ。どんなに頑張ってもダメってときはあるからね。好きなのかもしれないけど、自分とは合わないって思って、しがみついてないで、次にいったほうが幸せになれると思う」

「次にいったほうが幸せになれると思うよ」

1 2