堅実女子ニュース&まとめ 【東京深夜0時、結婚しない女】男に生まれればよかったのに……高齢処女の苦悩。マネージメント会社勤務・浩子(35歳)~その1~

 東京に生きる、結婚しない女性のストーリー。今回の主人公は、マネージメント会社で働く、浩子(35歳)。

「原田さ~ん、お疲れ様でした!」

恵比寿駅前、深夜0時、2人の男女を乗せたタクシーのドアが目の前で閉まり、駒沢通りを代官山方面に向けて走り去っていった。呆然としている浩子を置いて、テールランプはあっという間に消えていった。

浩子は直前まで心の中にあった、恋の弾むような気持が握り潰されたような気持ちになった。世の中の“女の子”にマウントでタコ殴りにされている気分になり、全身を悲しみと痛みが満たす前に、iPhoneを取り出しLINEを立ち上げる。

高校の同級生の愛子に“また失恋した”とメッセージを送ると、即座に既読がつき、“またか。いまどこ?”、“恵比寿”、“今行く”と返事が来た。女友達の関係に慣れてしまうと、男と交際することは、物足りなさと不安を抱えるだけに終わることに、浩子は気が付いていなかった。

ネイリストとして社会的に成功している愛子が、浩子が待つバーに到着したのは、深夜0時30分だった。広尾のレジデンスマンションに住む愛子は、海外ブランドの赤いジャージだけで店に現れた。手には何も持っていない。ポケットのiPhoneだけですべての支払いができてしまうからだ。努力して成功した金持ち特有の華やかで緊張感ある雰囲気に、店内が引き締まったのを感じ、浩子は嫉妬や怒りやさみしさの暴風雨が静まり、心の平穏を取り戻していった。

「愛子、またやられたよ。今日は海外アーティストのアテンドがあってさ、ホテルに送った後、二次会になったんだよね。やっと好きな男とサシで飲めると思ったら、アシスタントがくっついてきて、いちゃつきはじめて、タクシーで消えてった。なんで私はいつもゆるふわ系の女に、好きな男を持って行かれるかね」

「あんたが1年間も片思いしていたバツイチの先輩を持って行ったのは、どんな子なのよ」と愛子は問いかけた。

「25歳、独身、甲高い声、セミロングの内巻きヘア、カラーコンタクト、とろみ素材のピンクのブラウス、細い二の腕、大きな胸、リボン付きパンプスって感じのよくいる感じの“あの女”」と、ジンライムのグラスを片手に持ち、うんざりしながら浩子は笑った。

「いかにもだね。ウチのお客さんにもいる。ピンクやベージュ系の無難なネイルオーダーするタイプ。“サシで飲む”じゃなくて“2人っきりで飲む”って言う子ね」と愛子が目元に小じわを浮かべながら笑う。目尻をキュッと上げるアイラインは、外国人の夫を持つ日本人女性に多いと浩子はいつも思う。愛子は5年前に結婚した時に、消えないアートメイクでこのアイラインを入れている。浩子は男の好みに合わせて自分を変えることはできない。それを見透かしたように、

「あのね、男は自分にわかりやすくすり寄って来る女にしか好きにならず、自分が見下せる女にしか性的興奮を覚えないって知ってる?」と愛子は言い切った。

美人なのに恋愛経験がない。その理由は親の呪いだった……

1 2