犬好きじゃなくても楽しめる?映画『僕のワンダフルライフ』の見所

犬好きじゃなくても楽しめる?映画『僕のワンダフルライフ』の見所

筆者は今まで1回だけ犬を飼ったことがあります。
ヨークシャーテリアのオス犬だったのですが、年老いても毎日盛っていた精力旺盛な犬で、犬って生殖しか考えていないのかと感じた事を記憶しています。
そんな意識が芽生えてしまったため、筆者はそれ以降、犬は飼っていません。犬の映画もあまり好んで見ていません。人が飼っている犬は可愛いと思いますが、自分で飼うのはちょっと……と思っております。

そんな筆者ですが、今回敢えて『僕のワンダフルライフ』という犬映画にチャレンジしてきました。犬は「性欲」しかないという筆者の冷めた気持ちを、この映画は変えてくれたのか。今回は、犬がそんなに好きじゃない人の気持ちを代弁しつつ、映画の魅力を紹介していきましょう。

ラッセ・ハルストレム監督の犬映画第3弾

本作は、最愛の飼い主イーサンに会うために、50年に3回も生まれ変わる犬ベイリーの物語。
これだけで、犬好きの方々は涙がとまらないでしょう。筆者は「犬も輪廻転生するのか、なるほど〜へぇ〜」というフラットな気持ちをキープ。

『僕のワンダフルライフ』 監督:ラッセ・ハルストレム、出演:ジョシュ・ギャッド(ベイリーの声)、デニス・クエイド、ペギー・リプトンほか。 9月29日全国ロードショー (C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC

ちなみに、ラッセ・ハルストレムは、スウェーデン生まれの監督で、過去に『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』、忠犬ハチ公のハリウッド版『HACHI  約束の犬』などを手がけてきました。本作は監督の3作目の犬映画となりました。

「この映画を撮るにあたって、ルールとして決めたのは犬はカメラ目線で喋らないということ。実際に犬が生まれ変わるかどうかはわからないけれど、理屈で説明のつかない魔法のような出来事に対してオープンでいよう」と語ったそうです。

確かに、過去の犬映画の多くが、口元が人と同じような動きをするようにCG処理をしてますよね。カメラ目線でパクパク喋る犬って、ちょっと不自然だなと思っていました。ラッセ・ハルストレムは、そこを改善してくれたわけです。

さらに犬は輪廻転生しないかもしれないけれど、素敵な出来事として捉えようよ、という広い心。筆者も犬が好きだったら、ラッセ・ハルストレム監督のように器の大きい人間になれるのでしょうか。

では、さっそく本作の魅力について迫っていきましょう。

1 2 3
キャリア セカンド 婚活 恋愛講座 金運 アプリ その1 運勢 占い 恋愛運 浮気事件簿 アラサー 結婚 時短 浮気 不倫 美人探偵 貧困女子 恋愛 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。