堅実女子ニュース&まとめ 【派遣女子・どうして更新されないの?】目指すは年収1500万の男性!マッチングアプリを駆使して絶賛婚活中~その2~

かつては自分の時間が欲しい、自由な時間を謳歌したいと言う女性たちに支持された派遣と言う働き方。今回は、都内で派遣社員をしている井上春香さん(仮名・24歳)にお話を伺いました。

千葉県浦安市で、一人っ子として生まれた春香さん。彼女の父は、地元で介護用品や医療用品のリースレンタル業を営んでいました。父以外にも、経営を担っていた祖父や、家業を手伝う母と、家族総出で働く姿を見て育った彼女。中高と地元の公立校に通い、大学は都内にある裕福な家庭が多い私大に進学します。大学の同級生を通じて、高級スポーツカーなどを乗り回す男性が集まる会に参加するようになり、そこで知り合った既婚者と付き合うようになります。

就職を機に不倫相手が家に来られるように、一人暮らしをしていたという春香さん。

「近くに時間制の駐車場があるマンションに住んでいました。今思えば、仕事よりも恋愛の方に未練がありましたね。結局、付き合っていた相手は離婚はするつもりはなかったみたいで。その当時、半同棲みたいな感じで暮らしていたマンションからの引っ越し資金は負担してもらいました」

仕事を辞めた後は、実家に戻り、数か月無職でいました。

「失業保険が受給されている間は、友達と会ったりしてのんびりしていました。付属から進学した子って、都内に住んでいるんですよ。こっちはいちいち千葉から出ていかなければならなかったので、交通費が高く感じました」

今、一番気になっているのは“結婚”。

「同じ学部だった女子4人での近況報告会を定期的にやっているんですよ。この前、2か月ぶりに会ったら、彼氏の両親に紹介をしてもらえたって子がいて。“結婚秒読みじゃない?”って言ったら、“私のために来年の夏ごろは空けておいて”って言われて。25歳で一度目の結婚ブームが来そうな気配なんです」

なんとなく、社員としてのニーズは自分にはないと気づいています。

「ショールームの仕事をリストラされて、ハローワークに提出する書類のために、就活はやっていたんです。本当に行きたい企業だけに絞って。結局、面接まで進んだのが最初の1社で。そのあと不採用続きでした」

無職の期間は、“このまま実家にいて働かなくてもいいかも”と、少し思ってしまった彼女。しかし、合コン受けなどを考え派遣で働き始めます。

「その時、クルマのオーナーの集まるイベントに、婚活もかねて顔を出したら“仕事、何してるの?”って普通に聞いてくるので、“OL”って嘘ついていたんですよ。結局、仕事って中身ではなくて“働いてるか、働いていないか”なんだなと気づいて、仕事の紹介が豊富そうな派遣に登録しました」

友人から勤務先を聞かれ、社員だと嘘をついてしまう…

1 2