【派遣女子・どうして更新されないの?】大卒後、出版社勤務に憧れバイトの日々。ライター目指して独立も、仕事ゼロ!~その2~

【派遣女子・どうして更新されないの?】大卒後、出版社勤務に憧れバイトの日々。ライター目指して独立も、仕事ゼロ!~その2~

かつては、自分の時間が欲しい、自由な時間を謳歌したいと言う女性たちに支持された派遣と言う働き方。今回は、都内で派遣社員をしている田村桃子さん(仮名・26歳)にお話を伺いました。

桃子さんは、東京都練馬区出身。今も、実家のある地元で暮らしています。2歳年上の兄と、法律専門書を扱う出版社に勤務している父、専業主婦の母の4人家族で育ちました。専業主婦の母は兄の教育に熱心で、桃子さんは二の次。中学から私立に進学した兄とは対照的に、桃子さんは中高と公立に進学し、大学は推薦で女子大の文学部に合格を決めます。

「高校時代から、ファッション誌とか読んでいて、読モが載っているページとか羨ましかったんですよ。多分、うちみたいな地味な都立だとダメなんだろうなって思いながら、見ていました」

学生の頃は、とにかく雑誌や活字を読むのが好きでした。

「自分が通っていた女子大は、たまにファッション誌に登場する子がいて。自分もおしゃれガールみたいな特集で載りたいって思っていましたね」

紙面に登場ができないのなら、作る側に回ろう。そう考えるようになります。

「ファッション誌はちょっと無理かもって思っていたのですが、どうしても出版社で働きたいっていうのがあって。父も出版社って言っても、実務書だったので参考にならなくて。就活しても、入れなそうだし、とりあえずバイトで入れそうなところを探していましたがなかなかなくて」

あるきっかけで、出版社で働けるチャンスを手に入れます。

「新卒採用でエントリーをしていた企業から、社員待遇ではなく編集スタッフとして働かないかと声をかけられました」

念願の出版社勤務でしたが、仕事の内容は編集とはほど遠いものでした。

「編集補助という名の雑務でしたね。電話番から、簡単な掃除。いらなくなった書類をシュレッダーにかけたり。“これって編集の仕事?”って最初は疑問に感じました」

主婦層がターゲットの生活情報誌の編集部でバイトをすることになった桃子さん。雑誌の記事をweb化するための、テキストを専用フォームから登録する作業を担当するようになります。

「記事は書かせて貰えなかったのですが、web用に見やすく画像をリサイズし、テキストも簡略化していました。毎日3、4本分の記事をアップしていたのですが、節約ネタとかレシピとか、一般人みたいな人の投稿を修正する作業をしていると“なんで私が書けないのかな”って感じました」

契約期間の3年に到達し、仕事を終了…

1 2
アラフォー 貧困女子 時短 その1 婚活 金運 アラサー 美人探偵 浮気事件簿 恋愛講座 キャリア アプリ 運勢 恋愛 占い 恋愛運 セカンド 浮気 結婚 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。