【セカンド女子】同棲から同居へ。押しに弱い似たものカップルが選んだ、ダブルセカンド恋愛~その2~

【セカンド女子】同棲から同居へ。押しに弱い似たものカップルが選んだ、ダブルセカンド恋愛~その2~

彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちに迫る今企画。そのセカンド体質の原因を探ります。

今回お話を伺ったのは、都内の美容院で働いている日浦碧さん(仮名・33歳)。刈り上げたマッシュルームヘアに、大きなネックレスやピアス、総柄のカバンなど、やや個性的な服装を好む女性です。出身は千葉県で、両親と3歳上の兄との4人家族。大工の父親と、正社員で働く母親の下、厳しく躾けられることもなく自由に育ちます。中学の時に初彼ができますが、好きになれずに破局。高校では告白してきたクラスメイトを1度は断るものの、押しに負けて付き合うことに。しかし、結局好きになれずに別れの際には揉めてしまいストーカー行為を受けます。その後専門学校へ進学して、好きな男性ができますが、彼は彼女持ち……。「好き」という気持ちのみ伝えて、友達関係を続けますが……。

「彼とは告白後も友人関係が続きました。でも、女性扱いを受けるようになったり、他の男友達としゃべっているとあからさまに不機嫌になったり、嬉しい変化が出てきたんです。きっと彼は私のことを好きになっているんだと思って、さらにアピールし続けました。ご飯に誘ったり、2人で出かけたり、前より2人でいる時間を作りましたね。

そして2人とも資格を取得し、別々の美容院へ就職が決まりました。会える機会は一気に減りましたが、メールや電話は毎日していました。仕事帰りに会った時には彼の仕事の愚痴をずっと聞いたり、とにかく彼に寄り添いましたね。そしたら彼女とうまくいっていないと言ってきたので、『別れてほしい』と伝えました。数日後に、彼は別れて会いに来てくれました。押し切った感じですね」

彼との交際は順調に続き、2人とも都内の美容院に就職していたこともあり、通勤が厳しくなってきた時に同棲の話がでたそうです。

「朝早く出社して、営業時間が終わってからレッスンで終電までという生活の中で、東京から千葉までの通勤がしんどくなってきたんです。彼も都内の美容院だったので、お金も2人ともなかったこともあり一緒に暮らそうということになりました。両親には話をして、あっさり認めてくれましたね。そして私と彼の美容院から中間の距離で家賃のできる限り安いアパートに引っ越しました。

最初は2部屋がよかったんですが、家賃が厳しくて、結局1部屋とロフトの付いたアパートに決めました。ロフトをどちらかの部屋として分けるのではなく、寝室をロフトにして、普段は部屋に一緒にいる生活を楽しみましたね。夜中クタクタで帰っても、早く帰ったほうがご飯を用意して一緒に食べたり、寝るまでの間に一緒に録画していたドラマを見たり、同棲とはこんなに素敵なものなんだなと幸せをかみしめていました」

しかし、同棲生活は見なくてもいい現実の生活が入ってきて……

1 2
恋愛講座 結婚 iPhone アプリ 美人探偵 派遣 デート 派遣女子 婚活 金運 占い 浮気事件簿 恋愛 貧困女子 レシピ 時短 アラフォー ダイエット アラサー CITRUS
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!