真実って何だ?『三度目の殺人』は心がモヤッとするけれど、見ておくべき映画

真実って何だ?『三度目の殺人』は心がモヤッとするけれど、見ておくべき映画

法廷劇といえば、正義感ある検事や弁護士を主人公にした作品が多いのですが、あれって本当なの?実際の法廷って、必ず真実を追究できるものなのでしょうか?
そんな疑問に答えてくれるのが、是枝監督の新作『三度目の殺人』です。今回は、この映画から見えてくる、真実と法廷の関係を探ってみましょう。

のらりくらりな証言に翻弄される

『三度目の殺人』9月9日全国公開。監督:是枝裕和、出演:福山雅治、役所広司、広瀬すず、斉藤由貴ほか。 (C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ

『三度目の殺人』は、前科のある三隅(役所広司)が、殺人を自供。死刑確定が確実となっているなか、三隅の弁護を担当する弁護士重盛(福山雅治)は、無期懲役の減刑を勝ち取ろうとする。簡単に片付くはずだった案件だったが、三隅に接見した重盛は、三隅の証言の曖昧さに疑問を抱く。
果たして三隅は本当に殺人を犯したのだろうか。というのがストーリー。

弁護士の重盛は「法廷に真実なんて必要ない」と考えているクールな男。裁判官の父を持つエリート弁護士ですが、彼が今回担当したのが、河原で男を殺害したと自供した三隅の弁護。

三隅は殺人を自供したにもかかわらず、重盛との接見では証言が曖昧。「そんなこといいましたっけ?」という感じで、のらりくらりと重盛の質問をかわします。

「はい、私が殺しました」とハッキリ言う三隅ですが、見ている側も「これ、本当なの?」と疑うほど、三隅の話し方は雲の上をふわふわ歩いているような、地に足がついていないような感じなのです。

このふわふわな証言を聞いていくうちに、見ている方も「この人、殺していないかも」と思ってくるんですね。弁護士の重盛も「この事件には裏がある」と感じるようになります。

ここまでは、いわゆるサスペンス風な作り方なので、普通に楽しめます。この映画は、この三隅の曖昧さから深いところへ、潜っていきます。

1 2 3
その1 金運 恋愛運 浮気事件簿 浮気 恋愛 アラサー 運勢 占い 婚活 恋愛講座 結婚 アラフォー アプリ セカンド 貧困女子 美人探偵 時短 不倫 キャリア
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。