真実って何だ?『三度目の殺人』は心がモヤッとするけれど、見ておくべき映画

真実って何だ?『三度目の殺人』は心がモヤッとするけれど、見ておくべき映画

法廷って何をするところ?という素朴な疑問

法廷劇の本作ですから、もちろん法廷シーンも出てきます。三隅の公判では、重盛弁護士と検事、裁判官が登場。
とあることがきっかけで、裁判は大きな局面を迎えるのですが、三者が話し合うシーンで、妙なやりとりがあるんです。
「まぁ、ここはあれだな」「あ、はい、わかりました」「〜そうですね、ではそういうことで」
というような、妙な「あうん」の会話が入るんです。「あれ、日本の裁判ってこういう感じで進むの?」という疑問が生じます。

裁判のシーンも必見。裁判を見守る人たち、みんな黒服ですね。(c)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ

要は、裁判官は裁判に日々追われていて、公判のスケジュールがびっしり埋まっているんですよね。そこで裁判の内容を大きく揺るがすようなことが起きると、イチから裁判をやり直さないといけないんです。それは非常に労力も費用もかかることで、できればそれは避けたいのです。

正直、これは見ていて大きなショックを覚えます。法廷は悪を裁き、真実を解明する場所であると思っていたのですが、違う面も持っているのです。

敏腕検事が被疑者の心の声を引き出し、真実を解明し、新犯人を見つける。そんなテレビドラマもありましたが、あれがすべてではないんですね。

ガラス1枚を隔てて心の奥を探ろうとする重盛。(c)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ

実際に、是枝監督は多くの弁護士の取材をし、彼らから「法廷は真実を解明する場所ではない」と聞いたそうです。ここから、何が真実かわからないような映画を撮ろうと思いついたのだとか。

この映画は、裁きのシステムだけは維持されていくという恐ろしい現実を見せてくれます。犯罪を犯さないのが一番ですが、自分がいつ被害者になるかわかりません。日本の裁きのシステムは不安定なところがある。その事実を知ることも、日本に暮らす私達には必要なのかもしれません。

1 2 3
金運 アラサー 浮気 貧困女子 婚活 結婚 セカンド アプリ キャリア 運勢 不倫 恋愛 恋愛講座 その1 美人探偵 浮気事件簿 占い アラフォー 恋愛運 時短
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。