【貧困女子】先輩社員の集団「服ハラ」でうつからの転落、35歳でフラれた無職女子の寄生願望~その1~

【貧困女子】先輩社員の集団「服ハラ」でうつからの転落、35歳でフラれた無職女子の寄生願望~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたはずが、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回お話を伺ったのは、現在は無職の中村加奈子さん(仮名・35歳)。彼女は今、千葉県市川市内にある実家で、70歳の両親と共に3人暮らしをしています。髪はボブヘア、小柄で肌が白く、手足が細くて華奢。はかなげな感じがするので、男性からもモテそうです。小顔で目が大きいので、20代後半にも見えます。膝の上で重ねた手の指先を見ると、ピンク色のネイルが塗ってありましたが、根元からボロボロに剥げている。自分でネイルをガリガリと引っ掻いたようでした。
紺のスウェット素材のシンプルな膝丈ワンピースに、白いコンバースのオールスターのローカットのスニーカー、ノーブランドの合皮のキルティング素材の黒いリュックを持っており、どこか生活感があります。

「4か月前に3年間同棲した彼と別れ、家を追い出され、今は実家にいます。2か月前に失業した後、仕事は決まらないし、貯金も7万円しかありません。今日はシェアオフィスを運営する会社の面接を受けてきたのだけれど、決まらないような気がします」

今までのキャリアについて伺うと、さまざまな職場を転々としてきたと語ります。

「東京の中堅クラスの私立大学を出てからすぐに働いたのは、映像関係の会社でした。行政関連の資料映像を作っていたので、地味でカッチリしている人が多かったかな。この会社は2年目の時にうつで出社できなくなってしまい、休職と復帰を繰り返しつつ、4年間勤務して辞表を出しました」

その原因は何だったのかと伺うと、先輩女子社員からのハラスメントだったとか。

「研修中はリクルートスーツだったのですが、配属されてからはそれぞれの部署に合わせたオフィスカジュアル服を着ていいと言われました。私は制作部の内勤だったので、服は自由だよと言われ、当時大好きだった“エビちゃんOL”の甘めのファッション着て出社したら、男性社員からすごく褒められました。しかし、その一方で、先輩女性社員を敵に回してしまいました。花柄のスカートと白いブラウスとベージュのジャケットだと思うのですが、チャラついてる、とか会社は合コンの場じゃないとか言われて、その日1日は仕事が手につきませんでした」

ダメ出しされた翌日に、ケンカを売るように選んだ服とは……?

1 2
仕事 恋愛 アラサー iPhone 結婚 派遣 アラフォー 浮気事件簿 恋愛講座 ダイエット CITRUS 貧困女子 美人探偵 婚活 金運 占い 時短 派遣女子 レシピ アプリ
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!