堅実女子ニュース&まとめ 【いい転職・悪い転職】「年収1000万円以下は男じゃない」転職で年収1/5になり、見えた景色とは~その2~

女性の転職について体験談を伺う本連載。今回は、青木陽子さん(仮名・38歳・埼玉県出身)。35歳で転職し、それまでの年収1500万円が、300万円と5分の1になる。

 ■おじさんと働くうちに、自分がおじさん化していた

「東日本大震災から、今まで信じていたものが、ガラガラと崩壊していったんですよね。例えば、仕事をしていれば独身でもドヤ顔で生きていると思っていた。同僚が奥さんから苦しめられている……例えば、門限23時とかお小遣い10万円とか……そういう姿を見ていたから、“結婚=不幸”とか自由を奪われるものだと思い込んでいました。

結婚しなくても子供を産まなくても、もっと言うなら友達がいなくても、仕事で結果を出して、人並み以上にいい生活をしていれば、勝ち組になれると思っていた。きっと、長年、おじさんと仕事をしていて、自分がおじさん化していたんでしょうね。

ずっともやもやしながら、震災後の3~4年を仕事していて、そろそろ人生を変えたくなったときに、子宮頸がんになる前の状態になっていることがわかったんです」

 ■お金と数字を追いかけるのは、うんざりなんだよ!

「多忙なあまり生理不順になっていて、不正出血があっても、“またか”くらいな感じで、2か月くらい放置していたら、血は止まらないし、痛みも激しくなって、病院に駆け込んだら“子宮頸がんの前がん状態になっています”と言われたんです。私の状態では、手術するには至らなかったのですが、生活習慣を変えることがマストだと言われ、経過観察に入ることにしたんです。

今思えば、先輩からリンチのような叱責をされたり、2日くらい徹夜で資料を仕上げたりしたことが、ストレスになっていたんだなと。反論したり怒ったりすればいいのに、全部抱え込んでしまっていたんです。思考停止というトラブル回避方法に逃げていた。もう、お金と数字を追いかけるのは、限界だと」

自分が何をしたいのか、どんな仕事をしたいのか、全然わからなくなっていた

1 2