堅実女子ニュース&まとめ 【東京深夜0時、結婚しない女】目を離すと、愛は消える。IT関連会社勤務・恵麻(37歳)~その1~

東京に生きる、結婚しない女性のストーリー。今回の主人公は、IT関連会社で働く恵麻(37歳)。

東京の西、国立駅の改札から出たのは、深夜0時だった。秋の夜空はやがて来る冬の寒さを宿しているかのように、かすかに霞がかかっていた。駅前のロータリーには、見慣れた黒のドイツ車が停まっている。元恋人の洋平だ。「みんなのクルマ」とつぶやいて、恵麻は顔を隠してタクシーの列に並んだ。

中学校の同級生だった洋平とは、同窓会で再会し、5年間交際した。別れたのは、2か月前だ。結婚したい恵麻と、独身でいたい洋平。結婚を巡って双方の親も乗り出し、交際が拘泥状態になると同時に、恵麻が多忙になった。その隙をつくかのように、洋平には新しい女性ができた。同じ町に住む、10歳年下の後輩だった。

人の気持ちというのは、目を離してしまうと大きく変わってしまう。消えてしまった愛情は、もうどうやっても戻すことはできない。意思や気持ちをはっきり伝え、妊娠という暴力的な手段を使ってでも、つかみ取っていかないと、捉えるチャンスは二度とない。

終わってみればそう思うが、渦中にいる時は別だ。「嫌われたらどうしよう」「焦っていると思われたらどうしよう」と。口を開こうとするたびに、抱える必要のない劣等感、羞恥心、相手に媚びる気持ちで何も言えなくなり、2人の間の空気だけが重くなっていった。腰から下はぬかるみにつかりながら、くだらない争いを続ける男女……そこから洋平だけを引き上げたのは、若い女の胎に宿った新しい生命だった。

洋平はきっと、恵麻と半同棲していたあのマンションで、その女性と新しい生活を始めているのだろう。妊娠3か月だというその女に「無理するなよ」など、口先だけでいたわりながら。

国立の駅から徒歩20分の所に建てられた、洋館風建築。白壁にレンガ、出窓の枠にはバラのモチーフを使った時代遅れなデザインの家に帰ると、母の幸恵は起きていた。ソファに寝転がり、スマホの画面を見ながら「おかえり」と言った。きっとパズルゲームをしているのだろう。

父親が死んで豹変した母親は、掃除、洗濯、料理さえもほとんど放棄した

1 2