堅実女子ニュース&まとめ BL演技に池田エライザさんも大興奮!胸キュン映画『一礼して、キス』の舞台挨拶

最近、百人一首の『ちはやふる』やなぎなたの『あさひなぐ』など、日本の伝統をテーマにした漫画が次々と映画化され、注目を集めています。今度は、弓道を愛する女子が主人公の漫画が映画化。それが11月11日(土)公開の、『一礼して、キス』。月刊少女漫画雑誌『ベツコミ』で2015年まで連載していた、累計100万部突破の大ヒット作です。

この完成披露先行上映会の舞台挨拶で、素晴らしい女性向けのサービスが!なんと、男性同士で作中の壁ドンや後ろからハグを再現してくれたのです。さらに、甘い言葉もささやいてくれて、場内は騒然。ハラハラドキドキのその様子をレポートします。

ボーイズラブのような演出に、池田エライザさん大興奮!

壇上には、弓道着の池田エライザさん、結木滉星さん、中尾暢樹さん、前山剛久さんの4人。司会者に劇中の胸キュンシーンを男性陣に実演してほしいとリクエストされ、男性3人は「需要はありますか?」「それ台本にありました?」と大慌て。

しぶしぶ、結木さんが中尾さんの頭をポンポンしながら、「は~、的ばっか射抜いていないでさ、俺のことも射抜いてくれよ」とぽつり。

このパフォーマンスを見た観客から、「あははは」「ひゃあ~!」などの喜びの声と拍手喝采が。しかし、池田さんは「聞き取れなかった」としょんぼり。

続いて、前山剛久さんが結木さんを壁ドンする番になったとき、池田さんは天然発言を。男性3人の絡みが見たかったのか、「中尾君、壁になってあげたら?」とリクエスト。その一言に中尾さんは「壁役やるやついないでしょ」と驚き、場内大爆笑。

青山さんは「俺だけ……、見てろよ」と言った後に、「何が欲しいんですか!」と赤面。照れている青山さんを見ながら、池田さんはやや投げやりに「いいと思います」とコメント。

最後、中尾さんが前山さんを後ろから抱きしめながら「俺の好きな色はピンクなんだよ」とぼそり。この時、前山さんは弓道着の下にピンク色のシャツを着ていたので、それをいじったのです。

舞台挨拶中に突然やってきたBLタイム!ドッキドキです!

池田さんは「ある一部の層にかなり受けると思います。わたしもそこです!」と大興奮。しかし、『一礼して、キス』は高校生男女の恋愛映画。すぐに「こういう映画ではございません」と、ボーイズラブを彷彿とさせる演技についてフォローしていました。

1 2