堅実女子ニュース&まとめ ライアン・ゴズリングの魅力全開! 『ブレードランナー 2049』寸止めレビュー

1982年に公開された映画『ブレードランナー』を知っていますか?
2019年を舞台にしたSF映画で、独特の世界感を打ち出し、多くの人を魅了しました。映画公開後もディレクターズカット、ディレクターズカット完全版、ファイナルカットなどがDVDやブルーレイでパッケージ化。ファンの間ではSF映画の金字塔と呼ばれている名作です。
そんな『ブレードランナー』の続編『ブレードランナー2049』が、10月27日についに公開されます。

今回は公開前に、抑えておきたいポイントを紹介しましょう。

『ブレードランナー2049』10月27日全国ロードショー 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 製作総指揮:リドリー・スコット、監督:ドゥ二・ヴィルヌーヴ、出演:ライアン・ゴズリング、ハリソンフォード

そもそも『ブレードランナー』ってどんな映画?

まず『ブレードランナー』についておさらいしましょう。
1982年に公開された『ブレードランナー』は、リドリー・スコット監督が手がけました。出演はハリソン・フォード、ショーン・ヤング、ルドガー・ハウアー等。

2019年、地球では遺伝子工学により開発されたレプリカント(人造人間)たちは、過酷な労働を強いられています。奴隷のように働かされているレプリカントたちですが、彼らには次第に感情が芽生えてきます。そして、人間に反発するようになり、事件が多発。そこで登場したのが、人間社会に紛れ込むレプリカントを探し出し、「解任」(始末)するブレードランナーという専任捜査官です。

ブレードランナーのデッカード(ハリソン・フォード)は、人間を殺害したレプリカントを探すため、レプリカントを開発しているタイレル社へ向かいます。

そこで出会った、タイレル博士の秘書・レイチェルがレプリカントであることを見抜きます。しかし徐々に、デッカードはレイチェルに惹かれていき、2人は逃避行に出る…。というのが大まかなストーリー。

太陽は姿を消し、雨が降りしきる2019年の世界は混沌としています。高層ビルに囲まれた人口過密な雑多な繁華街。看板には日本語の文字が並び、まさに東京をイメージした感じ。そこから端を発し、この映画は日本でも人気を集めることとなりました。今でも、劇中でデッカードがうどんを食べるシーンは名シーンとして語り継がれています。

ほかにも、レプリカントのバッティ(ルドガー・ハウアー)と、デッカードの対決シーンや愛のテーマをはじめとするサントラも素晴らしく、美術・ストーリー・キャスト・音楽と全てにおいて、脳裏に残る映画なのです。

1 2 3 4