堅実女子ニュース&まとめ 【勤続10年女子】キャリア、出産、すべてを手に入れたい。時短勤務で職場復帰、正社員の特権は最大限に利用する~その1~

「勤続10年」、今のご時世で10年も同じ会社で働いているのは幸せなことである。が、しかし、同時に新しい挑戦や可能性に踏み出せていないケースもある。

就職氷河期と言われ続けている中、今年の春に大学を卒業した女性の就職率は98.4%を記録した。しかし、新卒で就職したものの、3年以内の離職率は30%近いという調査結果もある。

今、アラサーと呼ばれる世代は、大卒で入社した場合、職場ではちょうど10年選手。正規雇用にこだわらず、派遣やパートを選んで働く女性も増えてきた中、同じ職場で10年間働き続けてきた「10年女子」の彼女たちは、いったい何を考えているのだろうか?

「キャリアアップは?」「結婚は?」「貯金は?」そんな「勤続10年女子」たちの本音に迫ってみた。

今回登場するのは、都内で書籍やウェブサイト、文化事業などを手掛ける大手メディアの社員として働いている大石彩実さん(仮名・36歳)。

彩実さんは、長めの前髪を斜めに流した品の良い黒髪ボブスタイル。普段は、社員証を首から提げた状態で勤務するので、タートルネックや襟がある服よりも首回りがスッキリ見えるラウンドネックやVネックのカットソーからジャケットを合わせるのが定番スタイル。家には、4歳になる男の子ともうすぐ2歳になる女の子がいる。メイクの時間を短縮するために、出産後はまつエクをするようになった。本来なら専業主婦になって、やりたいことだけやるような人生もあった。でも、働いている方が育児よりも評価が貰えるし、やりがいも感じる。なにより、今の時代、いくら収入があっても、子供の教育費など出ていく予定ばかりで足りない。

「10年女子」は、将来設計を見据えた就活をしているタイプも多い。最近の就活女子は、結婚・出産で仕事をリタイアすることなく、育休などの制度を利用して復職して働いている女性社員がいるかをOG訪問などでリサーチするという。一時的な給与の良さよりも、そういった福利厚生に力を入れている企業の方が、長く勤めやすいと判断するところが堅実的と言える。

彩実さんは埼玉県浦和市で生まれ育った。研究職の公務員だった父と、専業主婦の母の間に生まれた。高齢出産のひとりっ子だったので、大事に育てられた。母は子供の頃から教育熱心な方で、3歳になると世界中の国旗の暗記カードや、動物や植物の図鑑を彼女に買い与えた。ジュースや甘いお菓子は、クリスマスや誕生日と言うような特別な時しか食べることができなかった。意識の高い両親のもと、歯磨きの後は必ずデンタルフロスで仕上げをするように幼いころからしつけられていた。

中学に入学し、周りがテレビゲームやバラエティー番組に熱中し始めたころ、彩実さんの母は当然のようにゲームを禁止し、漫画も学校の成績が〇位以内なら読んでもよいというルールをつくってきた。普通なら息苦しく感じるはずだが、彼女は母に褒められるのが嬉しくて勉強に励んだという。その成果が実って、県内で一番偏差値の高い県立高校に受かることができた。母の口癖の「なにごとも、努力をした人は報われる」という言葉が、いつも頭の片隅に浮かんでいた。

高校在学中に、好きな男の子はいたが恋愛関係には発展しなかった。いつかは普通の恋愛をして、結婚をして子供を産むとぼんやりと考えていた。

将来性のない彼氏に別れを告げた……

1 2