【セカンド女子】2人の男性と関係中に妊娠発覚!? 後ろめたい気持ちから旦那の浮気を黙認する日々~その2~

【セカンド女子】2人の男性と関係中に妊娠発覚!? 後ろめたい気持ちから旦那の浮気を黙認する日々~その2~

彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちに迫る今企画。そのセカンド体質の原因を探ります。

今回お話を伺ったのは、都内で人材派遣のコーディネーターとして働いている石村亜希さん(仮名・33歳)。フワフワに巻かれたロングヘアに、体のラインが出るワンピースが良く似合っている美人です。出身は静岡県で、両親との3人家族。学生時代は中学1年の時から彼氏が存在し、高校卒業までほぼ途切れることのないモテる学生生活を過ごします。その後、大学進学を機に東京へ上京。見るものすべてが新鮮な環境の中、彼氏は作らないものの遊びを繰り返し、就職活動に失敗してしまいます……。どうしても地元に帰りたくなかった思いから、親に嘘をつき夜のお店で働き出し、そこで知り合った年上の男性に就職先を紹介してもらいますが……。

「その男性は40代の既婚者の方で、私は全然タイプじゃなかったんです。でも、経営者で仕事を紹介してもらえると聞いてからは、やっぱりいい顔をしてしまって……。最初は疑心暗鬼で仕事が決まるまではかわし続けていたんですが、本当に仕事が決まって、夜のお店を辞めることができた時に断り切れずに男女関係になりました。でも付き合ってはいません。彼は私の中ではお父さんという感じで、そういう目で見られていることに嫌悪感さえありましたから。就職してからも、月に2回ほど会って、ご飯を食べてホテルに行くような関係が1年ほど続いていました。そこまで続くと割り切れるのかもと思っていたんですが、嫌な気持ちが徐々に積もっていって、食事だけでも苦痛を感じるようになっていました。そんなプライベートのストレスを、誰かに癒してもらいたくてたまりませんでしたね……」

そんな時、同僚に連れて行ってもらった銀座のスタンディングバーで、異様なほどの出会いが溢れていたことに衝撃を受けたそうです。

「そこは安くお酒が飲める、出会いがあるスポットとして有名な場所でした。でも私は全然知らなくて。最初はお店に入った途端に声をかけてくる男性がたくさんいて、戸惑いましたね。トイレに向かうだけでも、数人の男性に声を掛けられたんです。本当にすごかったですよ。最初こそその雰囲気に圧倒されていたんですが、そのチヤホヤしてくれる空間にハマっちゃって。そのお店や、近くにある同じようなバーに毎週末通うようになりました。その場が楽しければよかったので、お持ち帰りされることもなかったし、お店のみの関係を続けていたんですが、そこで出会った男性グループが後日友達を集めて合コンをしようと言ってきたんです。あまり乗り気じゃなかったんですが、ナンパで知り合った人と後日合コンをすることになりました」

その後、東京でやっと好きな人と付き合えたけれど……

1 2
美人探偵 時短 婚活 結婚 浮気事件簿 レシピ アラフォー iPhone アラサー ダイエット 占い 仕事 恋愛 金運 派遣 恋愛講座 貧困女子 派遣女子 CITRUS アプリ
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!