5時間睡眠が続くとチューハイ3杯飲んだ時と同じ頭に!?現代型睡眠不足の原因は……!?

5時間睡眠が続くとチューハイ3杯飲んだ時と同じ頭に!?現代型睡眠不足の原因は……!?

不眠の原因は人によりさまざまですが、心身のストレスは代表的な要因。精神的ストレスは現代人ならだれしも何かしらあるでしょうし、体調不良をはじめ、体の疲労もストレスになります。こうしたストレスから自律神経のバランスが崩れて、眠りにくくなってしまいます。

ところが最近、特別ストレスがないにもかかわらず眠れない“現代型睡眠不足”が増えているそうです。長年、睡眠不足の研究と治療に当たってきた白濱龍太郎医学博士が、その原因と解消法について語りました。

ビジネスパーソンの睡眠不足と向き合ってきた“睡眠の名医”白濱龍太郎先生。医学博士医療法人RESM理事長。

 

5時間睡眠が続くと、チューハイ3杯飲んだ時と同じ頭に

「ひとつは、パソコンやスマホのブルーライトにさらされる時間が長いこと。夕方から夜、さらに寝る前まで見ている人が多い。それによって自律神経のリズム障害が起きてしまうと考えられます。さらに、現代はそのスマホやメールによって、いつでも連絡がとれる時代です。24時間体制で休む間がありません。こうしたことが原因になって睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの分泌が低下し、体内時計が乱れてしまうのです」

これが現代型睡眠不足の特徴です。そもそも日本人は睡眠時間が短いといわれます。理想的な睡眠時間は6.5時間~7.5時間とされますが、みなさんはいかがですか?白濱先生は睡眠不足によるパフォーマンスの落ち具合について、次のように説明します。

「睡眠時間が5時間を切る日が続くと、チューハイを2~3杯飲んだ時と同じくらい、脳の働きが低下します。さらに、4時間睡眠が2週間続くと、記憶力や注意能力が二日間徹夜した後と同じくらいまで下がってしまいます」

慢性的な睡眠不足を感じている人は、二日酔で働いているのと同じことですね!

血流が悪いと自然な眠気が訪れない

次に睡眠に大事なポイントとして、白濱先生が挙げたのが、就寝時間や自律神経のバランスとともに「体の深部体温」です。

「人間の深部体温は日中にピークを迎え、夜にかけて下がってくることで自然に眠くなってきます。ところが今、深部体温が十分に下がらない人が増えています。日中、十分に深部体温が上昇していないからです。だから夜にかけて下がってこない。結果的に眠気が弱いという状況が生じます。ではなぜ日中に深部体温が上がらないのか。血行が滞っていることが考えられます。冷え性や肩こりの人は日中、十分に深部体温が上がっていない可能性があります」

血流が悪い人は日中の深部体温が十分に上がらず、夜間に低下する割合が低いため、自然な眠気が訪れにくい。

なんと、冷え性が睡眠を妨げる理由になってしまうというのです。

1 2
派遣 恋愛 婚活 恋愛講座 占い 仕事 アプリ 結婚 時短 ダイエット アラフォー iPhone 貧困女子 派遣女子 浮気事件簿 美人探偵 金運 レシピ アラサー CITRUS
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!