堅実女子ニュース&まとめ 眠くて、だるくてたまらない「魔の時間帯」は○曜日と△曜日の午後だった!

1週間、ずっと同じテンションで仕事するのはむずかしいものですね。眠い、だるい、やる気が出ない……。だれしもそんな日、そんな時間があると思います。あなたにとっては何曜日の何時ごろ? 

女性の健康力向上を通した社会活性化への貢献をめざす「ウーマンウェルネス研究会」が平日昼間に働いているビジネスパーソンを対象に行なった「日中のパフォーマンスに関する意識調査」を見てみましょう。そしてそんな「魔の時間帯」の克服方法を、睡眠不足の研究と治療に携わってこられた白濱龍太郎医学博士にうかがいました。

ビジネスパーソンの睡眠不足と向き合ってきた“睡眠の名医” 白濱龍太郎先生。医学博士医療法人RESM理事長。

もっとも眠くてだるいのは「月曜の午後」

これによると、働く人の8割以上が日中に「眠気、だるさを感じている」といいます。さらにそのうち9割の人が「仕事のパフォーマンスの低下」を実感していました。眠くてだるければ、仕事がテキパキできるはずがありませんね。

もっとも眠くだるい曜日は月曜日。その次が木曜日です。時間帯では、月曜日は午前中から午後15時にかけて。このうち特に12時〜15時が眠くてだるい。木曜日も12時~15時という結果が出ました。

圧倒的に月曜は眠い人が多い!

 

白濱先生はこの結果を次のように解説します。

「実は、月曜がもっとも仕事がはかどる、という人も多いのです。週明けの好不調は週末の過ごし方にかかっていると考えられます。週末に昼まで寝たり夜更かしをしたりして生活リズムを崩してしまうと、月曜はつらくなります。

もうひとつの魔の時間帯である木曜の午後は、週の後半になって疲れが蓄積してくるためと考えられます。逆に金曜夕方になると、休み前でテンションが高まるのか仕事がはかどると感じる人が一気に増えるんですよ」

1 2