堅実女子ニュース&まとめ 【起業したい女たち】セミナーで克服できた外見コンプレックス、同じ悩みを抱える人を助けたいと起業するも開店休業~その1~

様々な働き方が問われる現代。女性の場合、結婚、出産というようなライフイベントによって、キャリアを棒に振ることがない働き方に、注目が集まっています。なかでも、若い女性向けの起業セミナーは、どこも盛況を迎えているとか。

希望に満ち溢れ、起業する女性たち。そこには成功が待っているのでしょうか、それとも挫折が?今回登場するのは、都内で女性向け美容コンサルタントを手掛けている藤本由美(仮名・32歳)さん。

由美さんは、落ち着いたダークブラウンのロングヘアを緩く巻いた女性らしい髪型に、白いVネックカットソーにグレーのジャケット、白いフレアスカートとしっかりした印象を与えつつフェミニンなコーディネート。頬の赤みやシミを消すためなのか、ファンデーションがやや厚めに塗られています。少し履きこんだ感じのする5cmヒールの黒パンプスに大き目のレザートートバッグ、どちらもよく使われているのがわかります。ちょっとメイクをがんばっている普通の堅実な女性、という印象です。

バッグの中には、スマホの自撮り用のライトと三脚がいつも入れてあります。facebookやブログ、インスタグラムなどのSNSは、投稿内容によって画像を変えて、1日3投稿をノルマに更新しているそうです。

彼女の現在の仕事は、開運をキーワードにオーラカウンセリングと美容やメイクのアドバイスを伝えるもの。独立してから2年になります。外見に自信のない女性にメイクのアドバイスや、オーラ診断をもとにカウンセリングを行なっています。モットーは「すべての女性が輝けるように」。

由美さんは、山口県宇部市で生まれ育ちました。父は、船舶の荷役業を行ない、家を空けがちだったので、保育補助の仕事をしていた母に育てられます。3歳下に弟ができると、自分から率先して弟の面倒をみるようになります。メイクが苦手だという母は、何年も前に買ったファンデーションと口紅を、授業参観などで人前に出る時に塗るだけでした。

いまでは美容やメイクのアドバイザーとして起業している由美さんですが、閉鎖的な地元では、派手なファッションやメイクをしているだけで目立って噂になるため、化粧は大学に入学するまでしたことがなかったと言います。緊張すると汗っかきな体質だったため、周りの同級生から体臭を「くさい」とからかわれたこともあるとか。体育祭の練習で男子生徒と手をつないだ時に、露骨に嫌そうな顔をされ、授業が終わると急いで手を洗っている姿を見て以来、なるべく目立たないように過ごします。

ただ笑っているだけで、男性から「かわいい」と言われるような同級生を羨ましく感じ、自分はかわいくないから仕方ないと思うようになります。高校は、中学の同級生と離れたかったため、家から徒歩で30分ほどかかる学校に進学します。デオドラントケアにも気を遣うようになり、登下校を一緒にする彼氏ができます。しかし、「ブスだから簡単につきあってくれそう」と自分について噂話をされていると知り、深く傷つきます。

東京の大学で受けた酷い仕打ち…

1 2