【女子文具】書く楽しさが感じられる『ゼブラ創業120年の筆記具』展に行ってきた!

【女子文具】書く楽しさが感じられる『ゼブラ創業120年の筆記具』展に行ってきた!

今年の3月に120周年を迎えた筆記具メーカーのゼブラ。これまでの歴史や代表的な商品を振り返る『ゼブラ創業120年の筆記具』展が、東京中央区のモリイチ京橋店で開催されています。お店に入って展示会の場所を伺うと、「2階です。たくさん書いていってくださいね。最後にシマウマのノートに感想を書いてくださいね」と店員さんの明るい声。ワクワクしながら2階に上がりました。

JR東京駅から徒歩5分程度。中央通り沿いにあります。

2階のイベントスペースはゼブラの商品でいっぱい。お馴染みのマッキーやシャーボ、サラサクリップ、デルガードなどの代表的な商品が並んでいます。壁には120年間の年表があり、ゼブラの前身が「石川ペン先製作所」で、日本最初の国産鋼ペン先製造から始まっていたことを知りました。創業者の石川徳松社長は明治維新前後、日本に移住していた外国人たちが使用しているペン先を見て、「これからはペン先の需要が伸びる。国家、社会のために国産のペン先をつくろう」と決意したのだとか。先見の明がある人だったのですね。

まずは発売40周年を迎える太細両用の定番油性マーカー『ハイマッキー』がお出迎え。

特大の『ハイマッキー』も展示されていました。

「ゼブラ120周年 商品の歩み」は見応え十分。

ゼブラの歴代3名の社長を、それぞれの代表的な商品と共に紹介。「商品の歩み」と共に目を通すと、ゼブラの歴史がより深く理解できます。

ちなみに「ゼブラ」という社名は、アフリカの原野に棲息するシマウマから。シマウマが非常に温和な動物で、いつも群生し、常に一致協力して生活を守り続けていることから、このシマウマのように全社員が堅く団結し、文化の向上や発展に欠かせない筆記具の製造に邁進することを願ったのだとか。そして商標のシマウマが後ろを振り向いているのは、古きをたずねて、新しきを知るという温故知新を意味しているそう。社名の由来から、筆記具製造の思いまで知ることができました。

1 2
運勢 婚活 恋愛講座 占い 不倫 アラサー キャリア 金運 恋愛運 時短 セカンド 浮気事件簿 結婚 美人探偵 アラフォー その1 アプリ 貧困女子 浮気 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。